Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

SNSの運用代行は価値があるのか?相場と実績について

SNSの運用代行は価値があるのか?相場と実績について

SNSの運用代行は価値があるのか?相場と実績について

インターネットの普及に伴いSNSの利用者は増加しています。SNSを利用して顧客獲得や売上のアップを望む企業も多いです。しかし自社でSNSの運用を行うには、人員やノウハウ面で費用がかかります。そこでSNS運用会社に運用代行を依頼すると経費節減になります。

post-135

今回はSNS運用代行について、SNS運用代行で行うこと、SNSの運用代行のメリットとデメリット、そしてSNS運用代行の相場について紹介します。

1:SNS運用代行とは

SNS運用代行とは依頼主の複数アカウントを運用するサービスです。
ここではSNS運用代行とは何かそしてSNS運用代行で行うことを紹介します。

1-1:SNS運用とは
SNS運用とは、FacebookやtwitterなどのSNSプラットフォームで最新の情報を発信し顧客を獲得することです。
SNSには多くの情報があふれているため、ターゲットとなる顧客に必要な情報を届けるかどうかがポイントになります。
ホームページの更新に比べSNSの投稿は手軽にできるため、頻繁に新しい情報を発信する必要があります。

1-2:SNS運用代行とは
SNS運用は頻繁な更新が必要でターゲットとなる顧客に情報を届けるのが難しい面があります。
そこでSNS運用会社にSNSの運用を依頼すると売上増を見込め、さらに経費節減にもなります。
SNS運用代行は依頼主でも出来る部分があるので、SNS運用代行会社に依頼することと自社で取り組むことを明確に区別することが大切です。

1-3:SNS運用代行で行うこと
SNS運用代行を依頼すると、SNS運用代行会社が予算に応じてSNS投稿を行います。ここではSNS運用会社が行う主な作業を紹介します。

1-3-1:SNS投稿
原稿を作成しSNSに投稿します。
原稿は自分たちで作成しSNS運用代行会社に原稿の編集をしてもらうと経費を抑えることができます。

1-3-2:SNS投稿のコメント確認と返信
投稿のコメントには、投稿の感想や質問と商品への意見、そして投稿と無関係なものがあります。
コメントの内容に応じてSNSで返信します。
商品のクレームがコメントされた場合は原因を調べ、通常の営業と同様にクレーム対策を行います。

1-3-3:SNS運用の月次レポート作成
SNS運用の結果や問題点などを月次レポートとして提出し、SNS投稿運用の改善点を確認します。
月次レポートで問題点や把握点を確認し、翌月のSNS運用に活用します。

2:SNS運用代行のメリット・デメリット

SNS運用を自社で行わずに代行を依頼することでメリットとデメリットが生じます。
ここではSNS運用代行のメリットとデメリットを紹介します。

2-1:SNS運用代行のメリット
SNS運用代行会社はSNS運用のプロであるため、プロ目線でSNS運用と状況分析を行います。
またSNS運用に必要な労力を削減できます。
自社でSNS運用した場合にかかる時間をそのまま有効活用できることもSNS運用代行のメリットです。

2-2:SNS運用代行のデメリット
SNS運用代行では依頼に伴う費用が発生します。
依頼内容や運用実績によっては費用対効果が見込めない場合があります。
また、投稿がありきたりのものとなりターゲットに届かない可能性があります。

2-3:SNS運用代行の注意点
SNS運用代行では当初費用がかかり、毎月の運用費用もかかります。
SNS運用を依頼した当初は費用が約20万円~30万円必要です。
当初費用とランニングコストもかかることに注意が必要です。

3:SNS運用代行の相場

SNS運用代行は依頼する内容により金額が変わります。
ここではSNS運用代行の相場を紹介します。

3-1:月額10万円以下
作業の範囲は原稿の作成とSNS投稿を代行します。
低コストでSNS運用を依頼したい会社向けです。
しかしレポート作成や分析は自社で行う必要があります。

3-2:月額10万円~20万円
作業の範囲は原稿の作成とSNS投稿、そしてコメントの確認と返信、レポート作成を行いますす。
定期的な投稿にコメント返信まで代行したい会社向けです。
この価格帯でSNS運用代行を依頼すると、投稿の質が上がりレポートを生かせます。

3-3:月額30万円以上
SNS運用をトータルで行い、ミーティング作業によりPDCAを回せます。
ミーティング作業の範囲は原稿の作成とSNS投稿、そしてコメントの確認と返信、レポート作成、さらに定期的なミーティング作業に加えSNS広告の運用を行いますす。
原稿の作成から投稿、返信、そして分析まで依頼したい会社向けです。

4:まとめ

今回はSNS運用代行について、その内容とメリット・デメリット、そして相場を紹介しました。
SNS運用代行は依頼内容により費用が変わります。
費用では初期費用とランニングコストがかかりますので、予算を計上する際は会社の目的や費用対効果を確認する必要があります。
SNS運用代行を利用する際は、運用代行の内容をしっかりと決めておきましょう。

TintRoomが初めて開催したオンラインイベント“発表会 vol.1R”はこちら。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ブログカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ