Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

海外のYouTubeで人気なのはどんなジャンル?

海外のYouTubeで人気なのはどんなジャンル?

海外のYouTubeで人気なのはどんなジャンル?

日本でも人気のYouTubeは、もちろん海外でも既に生活の中に溶け込んでいると言っていいほどの人気があります。

YouTubeの月間のアクティブユーザーは20億人を超えています。
また平均1分あたり500時間の動画が上げられていると言わています。そんなすごい勢いで伸びているYouTubeですが、海外ではどんなYouTuberやジャンルが人気なのでしょうか。

post-127

今回お伝えしていきます。

1:海外での人気YouTuberについて

海外の人気ジャンルに入る前に、まずは世界ではどのようなYouTuberが人気なのでしょうか。
主なクリエイターを取り上げてみます。

1-1:PewDiePie(ピューディパイ)
スウェーデン出身のYouTuber。
チャンネル登録者数は1億人ほどの大人気クリエイターです。
初期は主にホラー系やアクション系のビデオゲーム実況の動画をYouTubeに投稿していましたが、最近はネット動画、画像などから面白いコンテンツを紹介する内容に変わってきています。
また日本贔屓でも有名で、日本に家も購入しています。
今年休止を宣言し、今後の動向に注目が集まるYouTuberです。

1-2:ライアン・カジ
アメリカ在住の9歳の男の子です。
子供と言っても侮ることなかれ、ライアンの昨年年収はなんと約28億円です。
主におもちゃのレビュー動画を配信しています。
日本人の父とベトナム人の母、そして妹などのライアンファミリーと共に楽しくおもちゃで遊ぶ動画を配信しています。

1-3:Dude Perfect(デュード パーフェクト)
アメリカの男性5人組のYouTuberです。
もともと裏庭のバスケットコートにトリックショットを撮影するところからスタート。
規格外の遊び心と思いついたらすぐ始めてしまう実行力が人気の秘密ですね。
まさにやりたいことをやって生きていくスタイルはまさにYouTuberの鑑ですね。
彼らの人気動画の一つで、チェーンソーを担いで切ってきた大木で作ったお手製の超巨大パチンコを使った遊びをする動画があります。
大人が本気で遊ぶというコンセプトは見ていて引き込まれる楽しさがありますね。

1-4:アナスタシア・ラジンスカヤ
7歳のロシア系アメリカ人です。
アナスタシアちゃん動画はどれも父娘が仲良く遊ぶ姿。
ホームビデオ的なものに、ちょっとした特殊効果がついたものがほとんどです。
元々は生まれつき脳性小児麻痺を患っていた彼女。
現在は完治していますが、その再発防止と成長の記録のために両親が始めたのが、YouTubeの動画撮影だったのです。
そこからアメリカ屈指のYouTuberに現在なっています。

2:人気YouTuberから見る人気ジャンルについて

それでは海外YouTubeで人気のジャンルについてお話ししていきましょう。

2-1:子供向け動画
前述のアナスタシアやライアンカジのように子供のYouTuberが多いことが海外の特徴です。
海外特に英語圏では子供のYouTuberが毎年人気ランキングの上位に現れてきます。
内容はライアンのようにおもちゃのレビュー動画が多いです。
またアナスタシアのようにビデオ日記のようないわゆるVlog形式のものも人気ですね。
YouTubeを親子で見ることが海外では多いのでしょうか。

2-2:ゲームの実況動画
ピューディパイも得意としているゲームの実況動画はとても人気があります。
人気のフォートナイトを始め、一人ではなかなかやることが恐いホラーゲームなどクリエイターのリアクションも楽しみながら見られるのもゲーム内実況動画が人気の理由ですね。

2-3:memeに関する動画
memeは「ミーム」と読みます。
くだらない動画や画像の総称。日本語で言うとネタ動画や画像といったところでしょうか。
ミームは、いわゆるくだらない物がとても多いのですがそれだけに何も考えずに楽しめる手軽さがありますね。
空いている時間に思わずクスッと笑ってしまう手軽さがありますね。

2-4:チャレンジ系
日本でも人気のチャレンジ系はもちろん海外でも大人気です。
前述のデュードパーフェクトに代表されるように、自分ではやりたくてもなかなから出来ないということを本気でやってくれることに共感を得る人は多いでしょう。
また特にアメリカはスケールがケタ違いです。
日本の動画ではチャレンジ出来ないレベルの資金や規模感で行われる様々なチャレンジをぜひ楽し見ながら、見てください。

3:まとめ

海外YouTubeで人気のジャンルについてお伝えしてきました。
気になるジャンルはありましたでしょうか。
英語オンリーの動画も多いですが、画像だけ見ていても面白いものが沢山あります。
ぜひ一度海外のYouTubeもチェックしてみて下さい。

TintRoomもYoutubeチャンネルがあります。まだまだこれからなのですがパフォーマーの活動を発信していきますのでよろしければチャンネル登録をお願いいたします。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ブログカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ