Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

インタビューでの「下調べ」の重要性について

インタビューでの「下調べ」の重要性について

インタビューでの「下調べ」の重要性について

インタビューを行うことになった場合、どのような段取りで進めれば良いのか悩む方が多いことでしょう。
インタビューは何の準備なしに行っても上手くいきません。
インタビューを行う際は、入念な下準備が必要です。
今回はインタビューで下調べが必要な理由とインタビューの方法そして、インタビューの下調べのメリットおよびデメリットをお伝えします。

post-116

1:インタビューの下調べはなぜ必要か

インタビューを行う際は、何の準備もなしに行うと必要な情報を得ることが難しくなります。
必要な情報を無駄なく得るためにも、インタビューの下調べは必要です。
ここではインタビューの下調べが必要な理由についてお伝えします。

1-1:インタビューとは
インタビューを行う人をインタビュアー、インタビューを受ける人をインタビュイーと呼びます。
インタビューとは、インタビュイーが対象となる物事についてどのような考え方を持っているのかを聞き出し、その結果を情報としてまとめることをいいます。

1-2:インタビューの下調べが必要な理由
下調べを行わずにインタビューを行うと、インタビュイーから必要な情報を聞き出すことが出来ず、内容の薄いインタビューになりかねません。
インタビュイーから必要な情報を聞き出すには、入念な下調べと下調べに基づく的確な質問を行う必要があります。

1-3:インタビューの下調べで行うこと
まずインタビュイーを知ることから始めます。
そこでインタビュイーの所属情報やその人自身の情報を収集しましょう。
次にインタビュイーとの事前打ち合わせを行います。
事前打ち合わせでは、インタビューを行う目的や当日の時間配分、大まかな質問内容などをすり合わせておきます。
またインタビュイーが特別に話したいことがあれば、下調べの時点で確認しておくとよいでしょう。

2:インタビューの方法について

インタビューでは質問をすることにより必要な情報を収集します。
行き当たりばったりの質問を行うと時間を上手に使えませんし、必要な情報が集まらない可能性があります。
インタビューを成功させるためにオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを利用する方法があります。
ここではこれらの方法についてお伝えします。

2-1:オープンクエスチョンの使い方
オープンクエスチョンとは質問に対してインタビュイーから自由に回答を得る方法をいいます。
オープンクエスチョンではインタビュイーから多くの情報を聞き出したいときに有効な手法です。
さらにコミュニケーションを深めたい場合にもこの方法を用いると効果的です。
しかし、この方法では選択肢が多すぎて曖昧な回答を受けることを避けるためにも、回答の範囲をある程度絞っておくことをおすすめします。

2−2:クローズドクエスチョンとは
クローズドクエスチョンとは、二者択一であったり選択肢が限定されている質問を指します。
相手の立場や主張の立脚点を推し量るために有用です。
ただしクローズドクエスチョンを多用しすぎると、インタビューというより誘導尋問に近づいてしまいます(逆に言えば、誘導尋問をしたいときにはクローズドクエスチョンが有効です)。

2-3:オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの使い分け
オープンクエスチョンを繰り返すとインタビュイーは回答に疲れてきます。
またクローズドクエスチョンを繰り返すと取り調べのように受け止められます。
そのため両者を上手く織り交ぜながらインタビューを行うことが必要です。
インタビュイーが質問に疲れていると感じたら質問の方法を切り替えてみることをおすすめします。

3:インタビューでの下調べのメリット

インタビューでは下調べを入念に行うことで、取材時間内に目的とする情報を入手することが可能になります。
下調べをしておけば、余計なことをインタビュイーに聞く必要がなく、当たり前のことを聞くという非効率なインタビューを避けることが出来ます。
ここではインタビューでの下調べを行わないとどうなるか、また下調べのメリットについてお伝えします。

3-1:インタビューでの下調べをしないとどうなるか
インタビューで下調べをしていないとインタビュイーから必要な情報を得ることが難しくなります。
またインタビューの時間は限られているため、下調べが十分でないと余計なことを聞いてしまったり、当たり前のことを聞いたりしたりで、インタビューの時間内に回答を得にくくなります。

3-2:インタビューでの下調べのメリット
下調べを十分に行っていればインタビューのシミュレーションが出来上がっているためインタビュアーの想定通りにインタビューを行えます。
入念な下調べによりインタビュアーがインタビューの主導権を握る事ができることがメリットと言えます。

3-3:インタビューでの下調べを行いすぎた場合のデメリット
インタビューの下調べを行いすぎた場合は、インタビューを行った際にインタビュイーの考え方が響かなくなってしまうというデメリットがあります。
またインタビュイーも回答する際、尋問の様に感じてしまうため回答の内容が薄くなりがちです。

4:まとめ

今回はインタビューの下調べについて、必要な理由やインタビュー方法、そして下調べのメリットなどについてご紹介しました。
下調べは入念に行うべきですが、必要以上に行うとインタビュイーは尋問の様に感じてしまい上手に回答を得ることが難しくなります。

TintRoomのパフォーマーをご紹介!!

■インタビューアーをご紹介

■長島志歩
shiho-nagashima

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ブログカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ