Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

オンラインとリアルをつなぐ「ハイブリッドイベント」の可能性について

オンラインとリアルをつなぐ「ハイブリッドイベント」の可能性について

オンラインとリアルをつなぐ「ハイブリッドイベント」の可能性について

新型コロナウイルス感染防止のため、大規模なリアルイベントの開催が困難な中、オンラインのライブ配信やバーチャル会場をリアルイベントと併用するハイブリッドイベントが注目を集めています。

post-134

今回はハイブリッドイベントとは何か、そしてハイブリッドイベントのメリットについて紹介します。

1:ハイブリッドイベントとは

ハイブリッドイベントとは、リアルイベントを補完するためにオンラインイベントを掛け合わせ、リアルとオンラインを同じ空気感にしたイベントです。
ハイブリッドイベントではインターネット会場にバーチャルイベントを設置してあり、インターネットでのマーケティングを可能にしています。

1-1:ハイブリッドイベントの導入事例
ハイブリッドイベントは特定の場所に人が集まらず、それぞれの場所から同一イベントに参加できることが特徴です。
ここではハイブリッドイベントがどのように利用されているのか、ハイブリッドイベントの導入事例を紹介します。

1-1-1:ハイブリッド会議
新型コロナウイルスの影響で中止されていた講演会でも、ハイブリッド会議だと開催可能です。
ハイブリッド会議では大型モニターにリモート参加者を表示し、リアル会場とコミュニケーションを図れます。
ハイブリッド会議は会場の規模を小さくできるため、密を避けることができ、さらにコスト削減が見込めます。

1-1-2:ハイブリッドセミナー
バーチャル空間にセミナー講師を合成し、セミナーの聴講が可能です。
チャット機能を利用してリアルのセミナーに近い形で実施しています。
参加者とのコミュニケーションはデータとして保存され顧客リストとして活用できます。

1-2-3:ハイブリッドオンラインフェス
大型のライブイベントが中止される中、生演奏と収録が混在するハイブリッドオンラインフェスが実施されています。
この形式のイベントであれば、屋内や屋外など、同じ環境から配信されないため飽きのこない演出が可能です。

2:ハイブリッドイベントの主催者側のメリット

ハイブリッドイベントではリアルイベントとオンラインイベントの両方のメリットをいかせます。
ここではハイブリッドイベントの主催者側のメリットを紹介します。

2-1:世界中にイベントのアプローチが可能
リアルイベントに参加できなくてもハイブリッドイベントであれば参加が可能です。
リアルイベントでは開催地が固定されてしまうものの、ハイブリッドイベントであれば、世界中にイベントのアプローチが出来るためユーザーの増加を見込めます。

2-2:参加者の行動履歴の確認が可能
ハイブリッドイベントでは参加者の行動履歴をデータとして確認できるため、ユーザーのデータをマーケティングに利用できます。
イベントに参加するユーザーのリストを作成できるため次回のイベントの販促に利用できます。

2-3:天候に左右されず集客が可能
ハイブリッドイベントであればリアルイベントに参加できないユーザーでもイベントの補完ができるメリットがあります。
ここではハイブリッドイベントのユーザー側のメリットを紹介します。

3:ハイブリッドイベントのユーザー側のメリット

ハイブリッドイベントであればリアルイベントに参加できないユーザーでもイベントの補完ができるメリットがあります。
ここではハイブリッドイベントのユーザー側のメリットを紹介します。

3-1:遠方やスケジュールの都合があってもハイブリッドイベントであればイベントの参加が可能
イベントに参加したくても遠方に住んでいる場合や、急用が入りイベントに参加できない場合でもハイブリットイベントなら参加が可能です。

3-2:ハイブリッドイベントではイベントを再度見ることが可能
もう一度見たいイベントでもハイブリットイベントであれば、バーチャルイベントでサイド視聴し会場を回ることができます。
リアルイベントやオンラインイベントでは再聴は不可能ですが、ハイブリッドイベントであれば必要なときに何度でも視聴できます。

3-3:ハイブリッドイベントでは資料の入手が容易
資料を配布される場合は、多めの資料でもダウンロードして入手できます。
リアルイベントでは配布された資料は持ち帰る必要があるため荷物が増えます。
しかしWEB上に必要なデータが保存してあるので、資料が必用な場合はその都度データをダウンロードが可能です。

4:まとめ

今回はオンラインとリアルをつなぐハイブリッドイベントについて説明しました。
ハイブリッドイベントでは、会議やセミナー、さらにオンラインフェスが開催されています。
ハイブリッドイベントには、今までにない主催者側のメリット、ユーザー側のメリットがあります。
インターネットにより世界中にイベントを発信したりユーザーのリストを作成したりできますので、リアルとオンラインの両方のメリットを掛け合わせたイベントの実施が可能です。
コロナウイルス感染症による各イベントの先行きが不透明な中、ハイブリッドイベントの将来の可能性が期待されています。

TintRoomが初めて開催したオンラインイベント“発表会 vol.1R”はこちら。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ブログカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ