Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

プラットフォーム戦略とは?現代のビジネスモデル

プラットフォーム戦略とは?現代のビジネスモデル

プラットフォーム戦略とは?現代のビジネスモデル

プラットフォーム戦略とは同一の場所であるプラットフォームで新しい事業を作り出すビジネスモデルです。WEBの進化に伴いWEB上のプラットフォームを基盤に利用者を増やし自社の収益を増大できます。

post-132

今回はプラットフォーム戦略のメリットと成功事例、そしてプラットフォーム戦略を成功する方法について紹介します。

1:プラットフォーム戦略のメリット

プラットフォーム戦略は成熟した経済社会でメリットのあるビジネス戦略と言われます。
単体で活動する企業が伸び悩む中、複数の企業がプラットフォーム戦略を行うことで成長を続けいています。
ここではプラットフォーム戦略のメリットを紹介します。

1-1:顧客数の増加
プラットフォームに企業が集まると商品やサービスなどが充実し顧客ニーズに対応できます。
プラットフォームでは多様な商品やサービスを扱うため顧客が増加し、より巨大なマーケットへと成長する可能性がでてきます。

1-2:客単価のアップ
プラットフォームの顧客は会員化により商品やサービスを提供しやすくなります。
会員になれば独自の販促も可能でリピーターへつながり、売上の増加を見込めます。
そのため客単価のアップが可能です。

1-3:マーケティング戦略の利用ができる
顧客の購買履歴から消費行動をデータとして蓄積できるため、そのデータをマーケティング戦略に利用することが可能です。
カテゴリを横断すれば顧客の膨大なデータを蓄積できるのでマーケティング戦略を利用できます。

2:プラットフォーム戦略の成功事例

プラットフォーム戦略の観点を確認するため、プラットフォーム戦略で成功した事例をここでは紹介します。
いずれもプラットフォームで得た収益はポイント還元に利用され、参加企業と利用者の双方プラスに働いているのが特徴です。

2-1:楽天市場
日本最大のインターネットショッピングモールである楽天市場は、仮想商店街としてECサイトのプラットフォームを実現しました。
楽天市場の収益は、出店している店舗からの手数料であり、出店している店舗にコンサルティングサービスを行っています。
楽天市場は膨大な店舗と顧客を獲得しているためプラットフォーム事業ではトップの座についています。

2-2:iTunes
米国のアップル社が提供する、iTunesは音楽や動画などで世界中からの利用者を得ています。
これまでのCDやレコードといった媒体でなく、インターネット上で音楽コンテンツを提供しています。
アップル社はコンピューター事業のほかに、iTunesのプラットフォームを持つコンテンツ企業となっています。
音楽の著作権と利用者を繋ぐプラットフォームとして成功しています。

2-3:AMAZON
米国のAMAZON社は世界最大のネットショップサービスを提供しています。
自社製品ばかりでなく多種多様な商品を販売しているため利用者のあらゆるニーズに応えています。

3:プラットフォーム戦略を成功させるには

ここまでプラットフォーム戦略のメリットと成功事例を説明しました。
プラットフォームは単体でなく複数の企業が参加することが特徴で、成功するためには今までにない戦略が必要です。
ここではプラットフォーム戦略を成功させる方法について紹介します。

3-1:プラットフォームでのマーケットとターゲットを絞る
プラットフォーム戦略では、最初にマーケットとターゲットを絞るセグメンテーションを行います。
セグメンテーションでは、狙うターゲットの不満に感じている点を意識することで成功に繋がります。
セグメンテーションによりマーケットとターゲットが明確になります。プラットフォーム戦略では、まずセグメンテーションによる絞り込みが必要です。

3-2:プラットフォームでのキャッシュポイントを設定する
プラットフォームを提供する企業は、参加企業のプラットフォーム利用料と顧客の購入や利用などによる手数料により、二つのキャッシュポイントを設定します。
また決済サービスを提供しているプラットフォームでは顧客からの支払管理を一元化できます。
キャッシュポイントの設定がプラットフォーム戦略の成功には必要です。

3-3:プラットフォーム独自の価値を提供する
プラットフォームは単体の企業でなく複数の企業で構成されます。
単体の企業の価値を作ると、競合から市場を奪われる可能性があります。
そこで、複数の企業を組み合わせ他社の真似できない独自性のある価値を提供することがプラットフォーム戦略には必要です。

3-4:プラットフォーム参加者と信頼関係を作る
プラットフォームに参加するのは単体企業でなく複数の企業です。
単体では成しえない独自の価値を生み出すために、参加企業との信頼関係は必要です。
プラットフォーム戦略では複数の企業による連携を行うことで、より独自性のある大きなプラットフォームにできます。

4:まとめ

プラットフォーム戦略では参加企業や顧客による連携が今まで以上に必要です。
企業と顧客のネットワークを広げ新しい付加価値を生み出すプラットフォーム戦略がこれからの社会では求められています。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ブログカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ