Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

写真の保存方法…アルバム・ネット、どっちがベスト?

写真の保存方法…アルバム・ネット、どっちがベスト?

写真の保存方法…アルバム・ネット、どっちがベスト?

デジカメやスマホの普及によって、気軽に写真撮影ができるようになりました。
旅行に行ったときや子どもの学校行事などで、カメラは活躍します。

ある程度撮影データが溜まれば、どこかに保管しておかないとなりません。

撮影した写真の保管方法というと、現像して紙媒体としてアルバムなどに保管するか、クラウドなどのネットに保管する方法があります。

写真を保存するならば、アルバムとネットのどちらが良いのでしょうか?

【アルバムに写真を保存するメリットとデメリット】

写真を現像して保存する方法としては、フォトアルバムやフォトブックがあります。

フォトアルバムは、現像した写真を収納しておくアルバムです。

デジカメがない時代から使われてきた保存方法です。

フォトブックは、撮影した写真データを本にまとめて1冊にする方法です。

フォトブックのそれぞれのページに、写真が印刷されており、書店で売っている本のようになります。

<アルバムのメリット>

写真をデジタルデータではなく、現像してアルバムにすると、アルバムを通じて気持ちを共有できます。

スマホやデジカメでも写真を見られますが、アルバムにすれば写真を見る機械はより多いです。

1冊のアルバムを見ながら、思い出にも浸りやすいです。

フォトアルバムならば、サイドから写真を入れるタイプだと、いつでもレイアウトを変えることができます。

祖父母などネットに疎い方ならば、アルバムで保存した方が喜ばれるでしょう。

現像してアルバムに写真を納めれば、デジタルデータのバックアップにもなります。

誰かに写真をプレゼントするのにも、フォトアルバムやフォトブックは役立ちます。

<アルバムのデメリット>

アルバムは写真を現像しないとならず、現像のためのお金がかかります。

現像はすぐにはできないので、現像の時間もかかるでしょう。

沢山の枚数を現像するとなれば、それだけ余計にお金が必要です。

アルバムに収められる写真の枚数は限られているので、写真を厳選しないとなりません。

名残惜しいけど、この写真はアルバムに使わないというのも出てくるかもしれません。

アルバムは冊子なので時間とともに汚れて劣化してきます。

長い間開いていないアルバムなら、写真がページにくっついてしまうこともあります。

何度もアルバムを見ていけば、汚れや折り目、シワもついていくでしょう。

アルバムは1冊しか作らないなら、この世に1つしかない写真なので、紛失すれば大切な写真が消えてしまいます。

沢山アルバムができてくれば、置く場所も確保しないとなりません。

【ネットに写真を保存するメリットとデメリット】

スマホで撮影した写真ならインターネットを通じてネット上に保存できます。

デジカメであればWi-Fiでネット接続できる機能のあるものもあり、これでもネット上に写真を転送して保存できます。

ネット接続を行わなくとも、スマホやデジカメのSDカードをカードリーダーでパソコンに繋げれば、そこからネット接続も可能です。

ネット接続できれば、インターネット上のストレージサービスに写真の保存が可能です。

代表的なサービスとしては、iCloud、Googleフォト、Flickr、Dropboxなどがあります。

ネット保存のメリット>

ネット上に写真をデータとして保存すれば、写真がいつまで経っても物理的に色褪せることはありません。

デジタルデータなので、現像した写真のように紛失する心配もないので安心です。

スマホやデジカメがあれば、いつでもどこでも写真を見ることができ、外出先でも手軽に見られます。

写真を撮影すれば、その場でも確認可能です。

デジタルの写真ならば、いつでもフォトブックにすることもでき、写真を加工することもできます。

ネット保存のデメリット>

ネットに保存した写真も家族などみんなで見ることはできますが、多人数で見るには向いていないです。

どうしても写真1つ1つが小さいので、画面を覗き込まないとならず、他の人と一緒に見るのには見にくいです。

一部のネット上の写真保存サービスでは、スマホやデジカメと同期しています。

そのために、ネット上の写真を削除すると、スマホやデジカメの中の写真も消えてしまいます。

写真のデータが多くなれば、目的の写真は探しにくいです。

インターネット上に写真を保存すれば、誰でも見ることが可能なので、Dropboxなどのアカウント管理を怠ると、他人に写真を見られる危険があります。

【写真を保存するには、アルバムとネットのどちらがいいの?】

アルバムとネット、写真を保存するときには、どちらにもメリットもデメリットもあります。

みんなで写真を見たり、写真をジャンルごとに分けたいならアルバムが向いています。

手軽に写真を保存、写真を加工するならネットが向いています。

どんな人が写真を見るのか、写真の枚数はどれぐらいか、どのように写真を保存したいかなどで、アルバムとネットのどちらを使うか決まってくるでしょう。

スマホやデジカメで撮影した写真は、そのままデジタルデータとしてネットに保存して、現像してさらにフォトアルバムとして保存するよう人もいます。

大事な写真なら、アルバムとネットの両方で保存しても良いのではないでしょうか?

【まとめ】

スマホやデジカメで撮影した写真は、SDカードやHDDに保存する他に、ネットに接続してFlickrやDropboxに保存することも、さらには現像してアルバムに保存することもできます。

アルバムもネットもどちらにもメリットもデメリットもあります。

メリットとデメリットを考えて、保存する方法を選んでください。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ツールカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ