Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

オンラインイベントの可能性は?どんなツールを使えばいいの??

オンラインイベントの可能性は?どんなツールを使えばいいの??

オンラインイベントの可能性はどれくらいなのか?

新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受け、最近注目を集めているオンラインイベント。
今後、ビジネスでオンラインイベントを活用する際、どれくらいの展望が期待できるのか気になる人も多いでしょう。

今回は、オンラインイベントの今後の可能性についてさまざまな面から解説していきます。
オンラインイベントを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインイベントとは?

オンラインイベントとは、インターネットを利用してオンラインでおこなうイベントのこと。

オフラインイベントの場合、実際の会場まで行き参加しなくてはなりません。
しかし、オンラインイベントはネット上でおこなえるため、自宅からでも気軽に参加できます。

さまざまなアプリが開発されてり、以前よりも参加しやすくなっている傾向が強いでしょう。
新型感染症の影響で人ごみを避ける傾向が強まっているため、企業に限らず一般の人でも、オンラインイベントを活用するケースが多くなっています。

オンラインイベントのメリット

オンラインイベントのメリットについて解説していきます。

どこからでも参加が可能
オンラインイベントは、インターネット環境が整っていればどこからでも参加できます。
これまでの対面型イベントの場合、会場まで行かなければならず遠方から参加する人は、旅費や宿泊費などコストもかかり、頻繁に参加するのが難しいケースも。
さらに、遠方の人は、日帰りできずに前泊して参加する例もあり、その間スケジュールを調整しなくてはなりません。

一方オンラインイベントの場合、自宅からイベントの時間に参加するだけ。
全国どこからでも、たとえ海外でも環境が整っていれば参加が可能です。
小さな子供がいる人や仕事が休めない人でも、気軽に参加できるのが大きな魅力。

会場費用が節約できる
イベントを開催する側は、参加者の数やイベントの規模に合わせて会場を借りなければなりません。
大きな規模になればなるほど、会場も広くなりコストもかかります。

しかし、オンラインイベントの場合、参加者が実際に集まるわけではないため、最小限の会場を準備するだけで済み、会場費用を節約することが可能。
また、大がかりな設営も不要で参加者を誘導するための警備スタッフなども必要ありません。
その分、設営費用や人件費も節約できるのが大きな魅力です。
会場費用をなるべく安く済ませたい企業にメリットがあるでしょう。

数万人規模の参加も可能
オンラインイベントでは、使用するツールによっては1万人以上の参加も可能です。
自宅から気軽に参加できるため、参加者も増えると考えられます。
より多くの人に参加してもらうことで、自社のサービスや商品を宣伝でき、反応を見ることができるでしょう。

オンラインイベントにおすすめのツール

オンラインイベントが普及する中で、さまざまなツールも新規開発されています。
ここでは、おすすめのオンラインイベントのツールをご紹介していきます。

Zoom
最近、多くの人に注目されているオンラインビデオツールのZoom。

ビジネスでは、会議やセミナーなどに頻繁に利用されており、オンライン面接への導入事例も増しています。
オンラインオフ会にも利用されるなど、企業から個人まで幅広い人に利用されている便利なツールです。

無料・有料プランから、目的に合わせて選ぶことができます。

無料プランでは、開催時間は40分と制限があるため、短い面談や面接などにおすすめ。

有料プランは、40分以上の長時間イベントや100人以上の参加者を対象にした規模のイベント階差が可能です。

どのようなイベントを開催するのか、イベントによってプランを選択するとよいでしょう。
自宅では背景が気になるという人も多いはず。
Zoomでは、背景を変えることが可能です。
自宅の中を映したくない人でも、安心して利用できるのがZoomの大きな魅力でしょう。

Hangs Meet
Googleが提供しているオンラインビデオツールのHangs Meet。

Googleアカウントを持っている人であれば、面倒なインストールもせず利用できるのが大きな魅力です。

高機能バージョンでは、最大250人が参加できるため、オンラインセミナーや説明会におすすめ。
また、Snap Cameraというアプリを利用することで顔や背景を変えることも可能です。

ちょっと遊び心が欲しいイベントの場合におすすめ。
プライベートなイベントにもよいでしょう。

まとめ
現在、多くの企業がオンラインイベントを実施しており、これを機会にさらに拡大していくものと予想されています。
全国どこからでも参加でき、会場費用や設備費用などが節約できるオンラインイベントは、新らたなビジネスツールとして確立していくでしょう。

さまざまなオンラインイベント用のツールも開発され、より高性能なものが配信されています。

ツールの費用や参加可能な規模もさまざまで、イベントに合わせて使い分けることが重要です。
今後増加すると思われるオンラインイベントに対して、準備をしておくとよいでしょう。

TintRoomではオンラインライブ配信などに欠かせないスイッチャとオペレーターを用意したいます。

会議やイベントなどでオンライン配信を使う方は是非TintRoomにご相談ください!

◆TintRoomでは
イベント
ワークショップ
講習会等々を企画運営。
展示会ブースデザイン・企画・施工・運営。
イベント音響から簡易照明まで。

パフォーマー
クリエイター
モデル
コンパニオン
等のキャスティングさせていただきます♪ご依頼お待ちしております!

TintRoomではクリエイターを募集してします!
モデル
パフォーマー
デザイナー
ミュージシャン
ブロガー
占い師
などなど

ご依頼は下記「お問合せはこちら」より簡単、スピーディー♪
24時間以内にご返信させていただきます。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ツールカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ