Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

和服が似合うのってどんな人? 和服の着こなし方!

和服が似合うのってどんな人? 和服の着こなし方!

和服が似合うのってどんな人? 和服の着こなし方!

和服をピシッと着こなせる人って素敵ですよね。

着物や和服などの和服は普段着にするには少しハードルが高いですが、結婚式などのちょっとしたパーティー、初詣やお祭りなどのイベント事などの時に和服を着てみるといつもと違った特別な雰囲気が楽しめておすすめですよ。

けれども、なかなか着る機会がないからこそちゃんと似合うかどうか不安だったり、着こなし方が分からなかったりと和服に対して苦手意識のようなものを持っている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回こちらの記事では、そんな方のためにどんな人に和服は似合うのかや和服の綺麗な着こなし方についてを紹介していきたいと思います!

●和服の似合う人って?

現代人は小さな頃から洋服を着慣れており、和服を着るという機会が少なくなってきているため和服はあまり身近ではないかもしれません。

ですが、和服はもともと日本が日本人が着るために生み出した伝統的な服装であるので、日本人の体型や見た目に似合うように作られています。

なので、基本的に日本人はみんな男性女性問わず和服を綺麗に着こなせるポテンシャルを持っているのです。

・和服の似合う体型とは?

和服は日本人に似合うように作られていると紹介いたしましたが、日本人らしい体型とは具体的にはどのような特徴があるのでしょうか?
日本人らしい体型の特徴には、

・なで肩
・首が細くて長い
・身体に凹凸があまりない寸胴体型

などが例として挙げられます。

和服は丸みのある華奢な体型の人に似合うデザインになっているので、なで肩体型の人にはよく似合います。

洋服の場合ではずんぐりむっくりした印象になりやすいなで肩ですが、和服の場合では「はんなり」とした優しい印象になるのです。
反対にいかり肩の人や肩幅のある人は、和服で身体のラインが出てしまうと尖って見えてしまったり、厳ついフォルムになってしまい和服独特の雰囲気とミスマッチになってしまいます。

また、和服特有の美しさの一つは、首元がスッキリしたように見えるという所にあります。首が細くて長い人は、襟元の形やうなじなどの首周りがより綺麗に見えるので和服の美しさがより一層際立って見えるのです。
首が太かったり、短かったりすると襟元に余裕がなく窮屈に見えてしまいます。
欧米人やヨーロッパ系の人(特に男性)があまり和服が似合わないのは、首が日本人よりもガッチリしている人が多いからというのが理由の一つなのです。

絵柄のデザインが綺麗に描かれている和服は、身体のくびれなど凹凸が少ない人の方が柄が美しく見えます。

なので、寸胴体型の人が多い日本人は和服を綺麗に着こなすことができるのです。

身体のラインが強調されるような洋服では、ウエストが細くてバストとヒップが大きいいわゆるボンッキュッボンなナイスバディな人のほうがプロポーションをアピールすることができますが、和服の場合では絵柄にシワが寄ってしまいバランスが悪く見えてしまします。

・和服には黒髪が似合う

体型以外にも髪色も和服が似合うかどうかの重要な要素になります。

ほとんどの日本人の髪色が真っ黒ということから、和服は黒髪に映えるようなデザインや色合いをしています。
特に昔ながらの伝統的なデザインの和服は黒髪が一番似合います。

黒髪以外でも暗めの茶髪や栗色くらいの黒に近い色合いの髪であればそれほど和服と合わせるのは難しくありません。
ですが、金髪やその他の奇抜な明るい髪色はどうしても和の装いには不向きなのでどうしても似合わなくなってしまいます。

●和服を綺麗に着こなすためには…

続きましては、和服を綺麗に着こなすためのポイントを紹介していきたいと思います。

・女性の場合
女性で綺麗に着物を着こなすポイントは、「髪型」と「メイク」です。

先ほどにも紹介したように和服は、襟元をスッキリさせるとより美しく見せることができます。
なので、そのために髪型はまとめ髪にしたり、アップにするなど首に髪がかからないようにするのがおすすめです。

和服では特にうなじが綺麗に見えると印象が良くなるので、和服を着る際はうなじがしっかりと見えるヘアスタイルにしてみましょう。

編み込みでまとめてみたり、サイドアップにしてみたり、アクセントに大きめのヘアアクセサリーを付けてみるのも可愛いですよ。

ですが、襟足や耳横に後れ毛が残っているとだらしなく見えてしまうので、きっちりと丁寧にヘアセットするようにしましょう。

和服を着た際に普段通りのメイクをしてしまうと、顔と服がどうしてもアンバランスに見えてしまいます。

和服でのメイクのポイントは、シンプルで派手になりすぎないようにすることです。

シンプルというのは単なる薄化粧という訳ではなく、ベースメイクはしっかりと作って顔の印象がぼやけないように注意しましょう。

また、薄いメイクすぎると和服の柄に顔が負けてしまうので、濃い色合いの口紅を使ったり、頬にチークを入れたりするなどシンプルにしつつも華やかに仕上げるようにしてください。

・男性の場合
男性が和服を綺麗に着こなすための最大のポイントは、「姿勢」です。

男性は女性よりも和服を着る機会が少なかったり、普段履いているズボンとは形状が異なっているなど和服での立ち振舞が慣れてない方が多いかと思います。

なので、まずは和服を着た際の姿勢を意識してみましょう。

男性の和服は帯を女性よりも低い腰の位置で締めるので、腰を軽く伸ばすように少しだけ力を入れて立ってみてください。

腰を意識した立ち振舞いをすることで着崩れも防止することができます。

また、背中が丸まってしまっていると和服が綺麗に見えないので、猫背にならないように胸を張るような姿勢をキープするようにしましょう。
この2つを気をつけるだけでも和服を綺麗に着こなしているように見えるので意識してみてくださいね。

●まとめ

以上、和服についてのご紹介でした。
日常生活ではあまり馴染みがないかもしれませんが、和服は日本人に似合うように作られています。
あなたもきっと似合うはずなので、これを機会にぜひ和服を綺麗に着こなしてみてくださいね。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

エンタメカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ