Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

クラシック音楽のコンサートに行くときはどうすればいいの?

クラシック音楽のコンサートに行くときはどうすればいいの?

クラシック音楽のコンサートに行くときはどうすればいいの?

皆さん、クラシックは聴きますか?
録音のものを聴くのもいいですが生演奏のクラッシックは迫力がありとても魅力的ですよね!
しかし、クラシックのコンサートは敷居が高い印象があると思います。

今回は実際のクラシックコンサートについて、マナーや魅力について紹介していきます

1:クラシックコンサートの魅力とおすすめ

まずはクラシックコンサートの魅力について紹介します。

たくさんの魅力がありますのでぜひ参考にしてください。

 

1-1:初心者はオーケストラがおすすめ

クラシックコンサートやクラシックの初心者の方はオーケストラのコンサートがおすすめです。

楽器の数も多いので各楽器の音色やハーモニーを楽しむことが出来るので飽きずに最後まで楽しむことができます。

 

1-2:録音と生演奏の違いを楽しむ

身近にある録音のクラシックはたくさんあると思います。

CDやYouTube、テレビなどでもクラシックは聴けますよね。

録音ならではの良いところは身近にたくさんあるのでお手頃です!

しかし、生演奏では音の臨場感や緊張感が味わえます。

録音ではある程度、調整などがされているかもしれませが生演奏は本番1発勝負なので、機械的な調整がされていない演奏者の本当の技術を聴くことができます。

 

1-3:実際の会場の空気も味わえる

クラシックコンサートは実際に会場に行くので視覚や聴覚、嗅覚を使って全身でクラッシックを楽しむことができます。

いつもは耳だけで感じているクラシックを全身で体感できるので新たなクラッシックの良さに気づくかもしれません!

 

2:クラシックコンサートのマナー

次にクラシックコンサートに行く際のマナーについて紹介します。

敷居が高く感じるクラシックコンサートですが以上の事を注意すればなにも怖くありませんよ!

 

2-1:雑音を出さない

ひとつめは雑音を出さないことです。

生の演奏を楽しむために来ているのに周りでガムを嚙む音やアクセサリーのジャラジャラした音などがすると不快になりますよね。

なので、少しでも不快になる音は出さないようにしましょう。

 

2-2:談笑しない

これは当たり前だとおもいますが、実際にこそこそ話している人などがいることがあります。

映画館などでも同じことですよね。

小さい声で話しているつもりでも周りの人は迷惑をします。

折角お金を払い会場に来て音楽に集中しているのに誰かの話声で遮られたら不快になりますよね。

なので、他の人の迷惑になる私語や談笑はしないようにしましょう。

 

2-3:できるだけ立ち歩かない

クラシックのコンサートは大体2時間ほどです。

緊急の時はしょうがないですがお手洗いなどは公演前に行っておきましょう。

途中で席をたったりすると他のお客さんの前を通らないといけなかったり、物音もしますし、集中して聴いている邪魔になってしまいます。

自分がもしされたら嫌ですよね。

なので、公演が始まったら立ち歩かないようにしましょう。

 

3:クラシックコンサートを楽しむための事前準備

次にコンサートに行く前の準備について紹介します。

事前準備をしっかりしておけば心配事をせずに楽しむことが出来ます!

コンサートを楽しむためのおすすめなども紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

 

3-1:チケットを買う

まずは大前提ですが、チケットを購入しなければなりません。

チケットの購入方法は多数あります。

 

まず、販売店に直接行き購入する方法です。

チケットを売っているところをネットなどで探して直接お店で購入できます。

次に、オンラインで購入する方法です。

チケットを取り扱っているサイトはたくさんありますので携帯やネットで購入できます。

 

また、予約もできるのでぜひ参考にしてください!

座席を選ぶ際は少し値段が高いですが2階中央の前方の席がおすすめです。

中央なのでいろんな楽器を均等に聴くことができバランスよく耳に音楽が入ってきます。

 

3-2:演奏する楽曲、作曲家を勉強しておく

どのライブやコンサートでも同じだと思いますが事前に曲を知っておいた方が楽しめますよね。

初めて聞く曲だと良さがあまりわからない状態で聴くことになってしまうので、曲を聴き込んで好きな曲や好きな曲の瞬間などをあらかじめ知っておいた方がいいです。

 

また演奏者や作曲家についても勉強しておくと、より深く楽しむことができますよ!

 

4:まとめ

今回はクラシックコンサートの魅力やマナー事前準備などを紹介していきました。

クラシックは堅いイメージというのは違っていて皆さんクラシックを純粋に楽しむためにいくつかのマナーがあるのです。

それもクラシックコンサートならでは!とかではなく映画館などと同じで演奏の妨げになるので静かにするのは当たり前のことですよね!

常識があればそんな堅苦しい事ではありません。

 

また服装についてもがちがちのフォーマルでなくても大丈夫です。

カジュアルすぎなければ浮くことはありません。

サンダルなどはやめておいた方が無難です。

 

少しよそ行きくらいの服装であれば基本的に決まりはないので安心してください!

 

皆さんクラシックに興味がありましたらぜひクラシックコンサートへ行ってみてくださいね。

充実した素敵な時間が過ごせると思います!

最後にTintRoomでは、モデル、パフォーマー、MC、イラストレーター、PA、シンガーなど

多数のジャンルのパフォーマーがさまざまなイベントの開催をお手伝いしております。

イベントを開催する際のパフォーマー探しはTintRoomのホームページをご覧ください。

https://tintroom.jp/

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

エンタメカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ