Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

【2021年度版】北海道でイルミネーションを楽しむ方法

【2021年度版】北海道でイルミネーションを楽しむ方法

【2021年度版】北海道でイルミネーションを楽しむ方法

皆さん、イルミネーションは好きですか?
夜の暗闇の中のイルミネーションの輝きは本当に綺麗ですよね!
なかでも、北海道のイルミネーションが綺麗だと話題になっています。
壮大な土地を持つ北海道なので、大迫力のイルミネーションが楽しめそうですね。

今回は、2021年度の北海道でイルミネーションを楽しむ方法について紹介します。

北海道のイルミネーションの中でも人気のイルミネーションスポットを紹介するのでお楽しみください!

1:さっぽろホワイトイルミネーション(札幌市)

さっぽろホワイトイルミネーションは2020~2021年で40回目の開催です。
1981年12月12日に第一回さっぽろホワイトイルミネーションが開催されました。
最初は1048個の電球から始まったそうです。
人々をより楽しませるためにどんどんグレードアップしていき、現在は総使用電球81万個、5会場で開催されています。
そんな歴史あるさっぽろホワイトイルミネーションを紹介します!

1-1:さっぽろホワイトイルミネーションのみどころ

さっぽろホワイトイルミネーションのみどころは大通会場、駅前会場、南一条通会場、札幌市北3条広場(アカプラ)会場、札幌駅南口駅前広場の5会場で開催されているところです。
5会場はつながっていて、膨大な広さすべてにイルミネーションの装飾がされているので街全体がイルミネーションスポットになります。
そして各会場に違うテーマのイルミネーションがあるので多種類のイルミネーションが楽しめます!

1-2:さっぽろホワイトイルミネーションのオススメの楽しみ方
さっぽろホワイトイルミネーションの楽しみ方は各会場のイルミネーションを楽しめる他に、大通会場のひとつの大通り公園2丁目にある「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」も開催されているので、そこでドイツ料理やクリスマスグッズを購入してクリスマスもイルミネーションもふたつ楽しみましょう!

1-3:アクセス・料金
住所:北海道札幌市中央区大通西7丁目
アクセス:JR札幌駅からすぐ
料金:無料

2:五稜星(ほしのゆめ)イルミネーション(函館)

五稜星(ほしのゆめ)イルミネーションの開催場所は特別史跡五稜郭跡(五稜郭公園)です。
イルミネーションの装飾は五稜郭公園の堀に沿って作られており、星の形になっています。
五稜郭公園の遊歩道を歩いていけば五稜星(ほしのゆめ)イルミネーションを堪能することができます!

2-1:五稜星(ほしのゆめ)イルミネーションのみどころ
五稜星(ほしのゆめ)イルミネーションのみどころは、天候によってイルミネーションの見え方が違うことです。
イルミネーションが施されている堀が凍るか凍ってないかで2パターンの綺麗な景色が味わえるのです。
期間中に何度行っても、その時の気温で景色が違うので何回でも楽しめますね!

2-2:五稜星(ほしのゆめ)イルミネーションのオススメの楽しみ方
五稜星(ほしのゆめ)イルミネーションのオススメの楽しみ方はイルミネーションを楽しみながら、特別史跡五稜郭跡(五稜郭公園)の遊歩道も楽しむことです。
遊歩道は全長1.8kmあるので運動になります。

そして綺麗な五稜星(ほしのゆめ)イルミネーションも楽しめるので1.8kmの遊歩道も、あっという間です!

2-3:アクセス・料金
住所:北海道函館市五稜郭町44
アクセス:市電「五稜郭公園前」電停下車 徒歩13分
料金:無料

3:星野リゾート トマム イルミネーション

星野リゾート トマム イルミネーションは敷地内にある霧水テラスの周辺をライトアップし、周辺の木々につく「霧水」を見ることのできるイルミネーションです。
北海道の冬の大自然が作り出す木々の「霧水」と人工的な光のライトアップは、まさに自然と人の融合です。
星野リゾート トマム イルミネーションならではの自然が作り出すイルミネーションを楽しむことが出来ます!

3-1:星野リゾート トマム イルミネーションのみどころ
星野リゾート トマム イルミネーションのみどころは、なんといと言っても膨大な敷地の360度が「霧水」の付着した木々で覆われていることです。
そのおかげで360度ライトアップされた綺麗な景色が堪能できます!
また、ダイヤモンドダストという現象も見られる時があるそうです。
その瞬間に立ち会いたいですね!
星野リゾート トマム イルミネーションは自然の美しさ満載ですね。

3-2:星野リゾート トマム イルミネーションのオススメの楽しみ方

星野リゾート トマム イルミネーションのオススメの楽しみ方は敷地内にある「霧水テラス」で「霧水ホットカンパリ」(リキュール)というあったかいドリンクで体を温めながらイルミネーションを堪能しましょう!

他にも、フォンダンショコラやコーヒーなどもあるのでぜひ利用してみてください。
美しい自然のライトアップも見られて、おいしいドリンクやスイーツも同時に楽しめて最高ですね。

3-3:アクセス・料金
住所:北海道勇払郡占冠村中トマム
アクセス:トマム駅からすぐ
ゴンドラ往復料金:大人2,200円、小学生1,300円
※ザ・タワー、リゾナーレトマム宿泊者 無料

4:まとめ

今回は2021年度北海道でイルミネーションを楽しむ方法を紹介しました。
今回は3つのイルミネーションスポットを紹介させていただきました。
三種三様のみどころや、楽しみ方がありましたね。
どれも北海道の良さや膨大な土地を生かしたイルミネーションでとても魅力的でした!
また、ここでは紹介できませんでしたが北海道にはまだまだ素敵なイルミネーションスポットがたくさんあるのでぜひチェックしてみてください。

最後に『Tint Room』をご紹介します。
Tint Roomには、モデルやアイドルから、マジシャン・パントマイマー・ダンサー・大道芸人まで、高レベルのプロパフォーマーが多数在籍しています!
オンラインでのイベントにも対応します。

イルミネーションに関するイベントで、企画に迷ったら是非お問い合わせください。
https://tintroom.jp/
きっとあなたの企画を成功へと導いてくれます!

今年の冬が楽しみですね!

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

エンタメカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ