Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

ダンスって脂肪燃焼に効果的?

ダンスって脂肪燃焼に効果的?

ダンスって脂肪燃焼に効果的?

運動不足による生活習慣病の増加が問題になっている現代。
昨年のコロナ禍におけるリモートワークへの移行によってこの問題が社会問題になりました。
しかし、いざ運動するにしても、ジョギングや筋トレは単調でなかなか続けられないですよね。
そこで注目したいのは、「ダンスによる楽しい脂肪燃焼」です。
本記事では、ダンスによる脂肪燃焼には効果があるのかないのかを解説します。

「ダンスには興味があるけど脂肪燃焼効果が本当にあるのか知りたい」という方やダンスを日頃の運動に取り入れたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

1:ダンスは有酸素運動!

ダンスは激しい有酸素運動です。
有酸素運動は、時間をかけながらカロリーを消費します。
一方で、筋トレなどの無酸素運動は短期で高負荷をかける運動で、短時間でエネルギーを消費します。
ダンスで脂肪燃焼を目指すのであれば、体を動かす時間を気にする必要がありそうです。

2:運動の代謝には3つのタイプが存在する

一般的に、運動の代謝には以下の3種類があることが知られており、効果的な脂肪燃焼のためにはこれらの点を把握しておく必要があります。


1. 基礎代謝
2. 生活活動代謝(運動代謝)
3. DIT(食事誘発性代謝)

1つずつ解説していきますので、脂肪燃焼と3つの代謝のタイプとの関係について知りたい方は是非参考にしてみてください。

2-1: 基礎代謝と脂肪燃焼の関係

基礎代謝とは、個々人の身体が持つエネルギーの消化効率の事を指します。
基礎代謝が高いとエネルギーを効率的に使えるので、身体に脂肪が溜まりにくいのです。
一方で、基礎代謝が低いと摂取したエネルギーを消費しきれないので、身体に脂肪が溜まりやすいのです。
つまり、基礎代謝を上げることが脂肪燃焼をさせるための一番の近道と言えます。
それでは、どのように基礎代謝を上げればいいのでしょうか。
そのためには、きちんとした食事を取り、筋トレなど、筋力をつける運動をすることが大切です。
忙しいことを理由に偏った食生活を送り、痩せるために無理な食事制限を課すことは太りやすい身体を作ってしまうことになるのです。

2-2:生活代謝と脂肪燃焼の関係

生活代謝とは、日常生活での身体の動きやトレーニングなどでのカロリー消費を指します。
つまり、「ダンスで痩せる」ということは、生活代謝で脂肪燃焼することを意味するのです。
もちろん、基礎代謝に関わる部分もありますが、その大半を生活代謝に依拠しています。
一般的に、生活代謝は一日の消費カロリーの2割から3割を占めると言われており、あなたの体重(㎏)×30があなたの一日あたりの消費カロリーと言われています。
ダンスのような適度な運動を日常に取り入れることで、痩せやすい身体に近づけることが可能なのです。

2-3:DITと脂肪燃焼の関係

DITとは、食事によって摂取した食物の消化をする時に生じるカロリー消費を指します。
人間は食べたものの栄養素や成分によって、消費するDIT量が異なります。
例えば、たんぱく質であれば30%、脂質であれば4%のエネルギーを消費することになります。
また、加齢や筋肉の衰えによってDITの値は減少し、エネルギーの消費効率が下がると言われています。
適度な運動や正しい食事をすることでエネルギーを消費しやすい、痩せやすい身体に近づけられるのです。

3:消費カロリーの比較

それでは、実際にダンスなどの運動をすると一体どれくらいのカロリーが消費されるのでしょうか。具体例を見てみましょう。

3-1:ダンスの消費カロリー【男女別】

ダンスする場合のカロリー消費の例を見てみましょう。


● 軽いダンス 女性:100キロカロリー/30分 男性:128キロカロリー/30分
● 激しいダンス 女性:149キロカロリー/30分 男性:191キロカロリー/30分

このように、ダンスのジャンルや動きの激しさによって消費カロリーは変動します。
消費カロリー量から見ると、激しいダンスほど消費カロリーの増加を期待できると言っていいでしょう。

3-2:運動別の消費カロリー【運動別】

次に、ジョギングとウォーキングする場合のカロリー消費の例を見てみましょう。


● ジョギング 女性:231キロカロリー/30分 男性:300キロカロリー/30分
● ウォーキング 女性:83キロカロリー/30分 男性:105キロカロリー/30分

このように、ダンスとジョギング・ウォーキングと消費カロリーを比べると、ジョギング、ダンス、ウォーキングの順番で消費カロリーが大きいことになります。
意外にも、速足でのウォーキングは、激しいダンスと同じくらいの消費カロリーになります。

4:まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、ダンスの脂肪燃焼効果について、代謝の3つのタイプと実際の消費カロリーから見ていきました。

TintRoomは300組以上のパフォーマーを抱えており、さまざまないイベントのお手伝いをしています。

ダンスを楽しみながら脂肪燃焼も目指したい方、TintRoomのホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

エンタメカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ