Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

必要なのはカメラだけじゃない?ライブ配信に必要な機材まとめ

必要なのはカメラだけじゃない?ライブ配信に必要な機材まとめ

必要なのはカメラだけじゃない?ライブ配信に必要な機材まとめ

YouTubeを個人でも始める人が増えてきたことに伴い、ライブ配信を行う方も増えてきました。

ファンとの交流など新しいコミュニケーションの場として地位を確立してきました。

スマホやPCだけでも配信はできますが、定期的にやるのならやはり機材にはこだわりたいですね。

そこで今回はライブ配信に必要な機材を調べてみました。

 

1:ライブ配信に必要や機材とは

結論を言えば、映像や音声など特に何もこだわりがなければ、パソコンやスマホがあればライブ配信はできます。

二つとも内蔵のカメラもあり、マイクもあるので音声を取り込むこともできます。

 

ただし、少しでもクオリティの高い映像や音でライブ配信を届けるのなら次のような機材が必要です。

 

1-1:ビデオカメラ

パソコン内蔵のWebカメラやスマホはどうしても高性能なビデオカメラには劣ります。

さらにパソコン内蔵のカメラでは撮影が難しい、屋外からの撮影や動きのあるダイナミックな映像を配信したい場合、ビデオカメラやGoProなどのカメラが必要になります。

 

1-2:マイク

音声にこだわるライブ配信の場合は、高感度なマイクが必要になるでしょう。

身振り手振りなど、ライブ感を出すためにはマイクスタンドなどマイクが自立していく設備も必要になってきます。

 

1-3:エンコーダソフト

エンコードとは、元の大きなサイズの動画データを圧縮して、Web上で視聴しやすいデータに変換する作業のことです。

データ量が大きすぎると動画の再生を行うことが難しくなるので、容量を圧縮して小さくする必要があります。

また動画をパソコンやスマホで再生する際には、動画を視聴するアプリに合わせた動画形式でなければ再生ができません。

それを実現するのがエンコーダソフトなのです。

 

1-4:ミキサー

ミキサーとは、いくつかの音響機器を接続して、

それぞれの音量や音質を調節して、同時に1つのスピーカーに出力してくれる機械です。

例えばマイクから入ってくる声と、CDプレイヤーから入ってくるBGMを合わせて、スピーカーで出力することができます。

ライブ配信で音声だけではなく、BGMを流して配信する場合は、ミキサーを使う必要がありますね。

 

1-5:防音壁

自宅でライブ配信を収録する場合、大切になってくるのが防音です。

近隣の迷惑になり苦情が来ることで、配信を中断せざるをえなくなると残念ですよね。

防音対策をしっかりとることもライブ配信には必要になってきます。

 

 

2:ライブ配信の際におすすめの音声機材

必要な機材がわかったところで、それぞれの機材のおすすめの物をお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

2-1:スマホスタンド

まずはスマホのみでライブ配信をする場合です。

この場合、スマホを手離しで自立させるためのスタンドが必要になりますね。

 

今回はOhaYoo社製の、『撮影照明用ライト 卓上ライトスマホスタンド付き』をご紹介します。

こちらはスマホスタンドに、照明代わりになるLEDリングライトが付いています。

顔を明るく綺麗に見せることができます。

また手元にコントローラーを置いておけるというのも嬉しいところで、カメラを見ながら調節することができます。

 

2-2:カメラ

カメラに関しては屋内用と屋外用に分けてご紹介していきます。

まずは、屋内用はLogitech c920です。

デジタルズーム、優れたオートフォーカス機能があることはもちろん、暗い場所でも撮影することができるのも強みですね。

そして屋外用はGoPro HERO seriesです。

人気のシリーズですがGoPro HERO Blackモデルには防水性はもちろんのことフルHDでの撮影が可能になっています。

 

2-3:マイク

音声を取り入れるマイクは、多くのライブ配信者も利用しているソニー製の『ECM-PCV80U』がおすすめです。

価格もコスパ良く、集音性も高いことが特徴です。

 

2-4:エンコーダソフト

こちらはフリーでも素晴らしいソフトはたくさんあります。

今回は2トップと言っても過言ではない、OBSとXSplitをおすすめします。

国内はもちろん、海外でもOBSとXSplitが圧倒的なシェアを握っていますね。

 

2-5:ミキサー

こちらは価格はもちろんサイズも手頃なYAMAHA AG06が素晴らしいと思います。

WindowsとMac共に使い勝手良いのも嬉しいところですね。

 

2-6:防音壁

最後に防音壁に関しては、ピアリビング社製のワンタッチ防音壁が設置も値段も良いと言えるでしょう。

壁に設置するだけの簡単な設計であることはもちろん、発注も壁の大きさを伝えるとオーダーメイドで作ってもらえるという手軽さも良いでしょう。

 

3:おわりに

今回はライブ配信に必要な機材について見てきました。

ぜひご自身の配信頻度や、どのようなテーマで配信するのかに合わせて機材を選んでみてください。

中小規模の配信ならTintRoomにお任せ下さい!!
詳細は↓ ↓
■加賀見洋平

yohey-kagami1

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ツールカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ