Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ
ナイトウォークはどこで楽しめる?

ナイトウォークはどこで楽しめる?

皆さまは「ナイトウォーク」はご存じでしょうか?
ナイトウォークとは夜に自然の中を散歩するイベントのことです。
日中では出会えない生き物や景色を楽しみながら、暗闇のスリルを感じることができます。

いろいろな楽しみ方のある今注目のイベント「ナイトウォーク」!
ナイトウォークはどこで楽しめるのか、おすすめのスポットがあるので紹介します!

ナイトウォークスポット3選

・サクヤルミナ|大阪城ナイトウォーク(大阪)
・ニジゲンノモリ ナイトウォーク 火の鳥(兵庫)
・サクイチナイトウォーク(鹿児島)

1:サクヤルミナ|大阪城ナイトウォーク(大阪)

ひとつ目に紹介するのは、「サクヤルミナ 大阪城ナイトウォーク」です。
大阪府の大阪城公園で体験できます。
カナダ・モントリオールを拠点に活動している最先端デジタルアート集団のMoment Factory(モーメントファクトリー)が手掛けている、ルミナナイトウォークの9作目で大阪城にサクヤルミネとしてオープンされています。

1-1:サクヤルミナのテーマ
大阪城で開催されているサクヤルミナのキャッチフレーズは歩いて、笑って、冒険しよう。

サクヤルミナのテーマは「未来の大阪に住むアキヨの帰り道を一緒に探す冒険をしよう」
です。

サクヤルミナのナイトウォークにはストーリーがあり、未来に住む少女アキヨが時空の扉によって現代の大阪城公園にタイムスリップしてしまいます。
帰るには笑顔から生まれるジョイライトを集めなければいけません。

そのジョイライトをアキヨと探すというものです。
キャッチフレーズである、歩いて、笑って、冒険しようはアキヨとの冒険のことをいっているのですね!

1-2:サクヤルミナのみどころ
サクヤルミナのみどころは大阪城と自然とデジタルアートの融合です。
アキヨの帰り道を探すために歩き進めていくといろいろな場面や仲間たちに遭遇します。
中にはスマートフォンと連動して冒険を進めるエリアもあります。
最先端のデジタルアートを楽しみながら、大阪城も大阪城公園の自然も堪能できるのでとても魅力的です!

1-3:サクヤルミナ/ナイトウォーク 料金・所要時間
サクヤルミナの料金は
前売券:大人(18歳以上)2,700円
中人(13~17歳以下)1,800円
シニア(65歳以上)1,800円
小人(4歳以上~12歳以下)1,000円

当日券:大人(18歳以上)3,200円
中人(13~17歳以下)2,200円
シニア(65歳以上)2,200円
小人(4歳以上~12歳以下)1,200円
3歳以下 無料

所要時間は 約60分

※現在新型コロナウイルスのため中止されています。

2:ニジゲンノモリ ナイトウォーク火の鳥(兵庫)

2つ目は兵庫県の淡路島にあるニジゲンノモリで開催されているナイトウォーク火の鳥です。

ナイトウォーク火の鳥は手塚治虫監督の火の鳥を元にした体験型アトラクションです。
手塚眞監督がストーリーを監修し、クリエイティブ集団NAKEDの代表の村松亮太郎さんが最新テクノロジーを使い製作したアトラクションになっています。
ここでは全長1.2kmの森の中を進んでいきます。

2-1:ニジゲンノモリ ナイトウォーク火の鳥のテーマ

ナイトウォーク火の鳥のテーマは手塚治虫監督の「火の鳥」です。
火の鳥そのままのストーリーというわけではなく火の鳥の世界観に沿ったオリジナルストーリーを楽しめるようです。
なんとオリジナルストーリーを手掛けたのが手塚治虫監督のご子息の手塚眞監督だそうです!
このオリジナルストーリーは、ナイトウォーク火の鳥でしか取り扱っておらず大変貴重です。
ぜひ体験してみたいですよね!

2-2:ニジゲンノモリ ナイトウォーク火の鳥のみどころ
みどころはなんといっても火の鳥のオリジナルストーリーに沿って淡路島の森に映し出されるプロジェクションマッピングです!
夜の壮大な自然の中に映し出されるプロジェクションマッピングは、美しく火の鳥の世界観を表現しており、迫力と感動を与えてくれます。
素晴らしいプロジェクションマッピングだけでなく、他にもかわいい絵馬が書けるなど楽しみ方がたくさんあります。

2-3:ニジゲンノモリ ナイトウォーク火の鳥 料金・所要時間
ニジゲンノモリの入場料は無料です。
ナイトウォーク火の鳥 チケット料金は
大人(12歳以上)3,300円
小人(5歳~小学6年生)1,200円

前売券
大人(12歳以上)2、500円
小人(5歳以上~12歳未満)1、200円

5歳未満 無料

3:サクイチナイトウォーク(鹿児島)

3つ目は鹿児島県の桜島にあるサクイチナイトウォークを紹介します。
サクイチナイトウォークは桜島を一周するコースとなっており、桜島の夜の大自然を堪能できます。
全長約35kmと紹介させていただいたナイトウォークの中で一番長い距離です。
はじまりは、夜間歩行訓練として地域の防災、教育のため行われたそうですが、いまでは桜島を盛り上げるイベントの一つになっています。

3-1:サクイチナイトウォークのテーマ
サクイチナイトウォークのテーマは、「夜の星空を見ながら完歩を目指すウォーキングイベント」です。
桜島一周ということで距離は約35kmとなかなかの道のりです。
ですが、競争するわけではなく夜の桜島の自然を堪能することがメインのナイトウォーキングなので楽しんで歩けそうですね!

3-2:サクイチナイトウォークのみどころ
サクイチナイトウォークのみどころは、満点の星空、暗闇の中での噴火など夜の桜島ならではの自然を目の当たりにできるところです。
日中とは違った夜道の中で、より自然を感じながら桜島を一周できます。
コースの途中に休憩スポットが準備されており、そこで食べるカップラーメンがとてもおいしいみたいですよ!
長い道のりなので完歩した際に大きな達成感も味わえます。

3-3:サクイチナイトウォーク 料金・所要時間
サクイチナイトウォークの料金は保険料、完歩証、参加賞、軽食代込
大人 2、200円
18歳以下 1、700円

所要時間は約8時間です。

※こちらは新型コロナウイルスの影響で現在は鹿児島県民の方のみの参加になっております。

4:まとめ

各地のおすすめのナイトウォークスポットを紹介しました。
ナイトウォークの魅力は各スポットならではの夜の景色を堪能しながら歩けることです。
歩くという事は健康にもいいですし、その土地でしか見ることのできない風景を楽しめるのでとても魅力的です。
他にもナイトウォークを楽しむことのできるスポットはあるので、ぜひナイトウォークを体験してみてください!

最後にTintRoomでは、モデル、パフォーマー、MC、イラストレーター、PA、シンガーなど多数のジャンルのパフォーマーがさまざまなイベントの開催をお手伝いしております。
https://tintroom.jp/

ナイトウォークのような野外イベントやその他のイベントを開催する際のパフォーマー探しはTintRoomのホームページをご覧ください。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

エンタメカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ