Tint Room パフォマー募集中/パフォマー一覧はコチラ

昔の写真で思い出そう!回想法に必要なものとは

昔の写真で思い出そう!回想法に必要なものとは

昔の写真で思い出そう! 回想法に必要なものとは

近年増加傾向にある認知症は、高齢化社会とともに大きな問題になりつつあります。
身内が認知症になってしまったという人も少なくありません。
その場合、どのような予防法やリハビリの方法があるのか、気になる人も多いでしょうそこで今回は、認知症のリハビリとして用いられている回想法について解説していきます。

回想法とは

回想法は、もともと1960年代にアメリカの精神科医「ロバート・バトラー」が開発した認知症の治療方法です。

現在、日本では非薬物療法のひとつとして知られており、治療に利用されることも多いでしょう。

ただし、認知症の改善や効果については、科学的にはまだ立証されていません。

回想法では、認知症患者本人の昔の写真や映像などを見ながら思い出話しをします。
特別な器具も場所も必要なく、本人の思い出の品を用意するだけで十分脳に刺激を与えられるようです。

介護施設では、専門家が指導しながらグループでおこなうこともありますが、個人でおこなっても効果は期待できると言われています。
そのため、家庭でもできる手軽な認知症療法のため、日々の生活に取り入れる人も多いようです。

回想法は、認知症の予防にも効果的だとされており、病院や施設、自治体の介護予防イベントなどでも広く取り入れられつつあります。

回想法が効果的な理由
なぜ、思い出話しをするだけで認知症に効果的なのか、疑問に思う人も多いでしょう。

そこには、認知症の「昔のことは覚えている」という特徴が関係しています。

回想法は、以前の記憶を映像や写真を見ながら鮮明に思い出して、記憶を呼び起こす作業です。
呼び起こした記憶を誰かに話すことで、脳内が活性化され話しを共有できた喜びで気持ちが落ち着きます。
このように過去を思い出すことは、自分自身の人生を見つめなおし現在の生活への意欲を復活させるきっかけです。
認知症の昔の記憶はしっかり残っている特徴を生かした療法と言えるでしょう。

回想法の認知症への効果

ここでは、回想法が認知症へ与える効果について解説していきます。

精神的な安定
回想法の効果のひとつに、心を落ち着かせ精神的に安定できるというものがあります。

昔の楽しかったころの記憶を思い出すことで、楽しい気持ちもよみがえるため、気持ちが穏やかになるようです。

また、昔の記憶を思い出しているうちに、過去の出来事で得た自信や個性なども取り戻せ、前向きに生活できるようになるでしょう。

回想法では、必ず聞き手が存在します。
そのため、自分の話を聞いて共感してくれる人がいると感じ、寂しさや孤独感などから解放されるのも良いところ。
仲間がいる、一人ではないと感じることで、精神的な安定が期待できます。

認知症の進行スピードを緩める
人に思い出した記憶を話すことは、脳に良い刺激を与えます。
その刺激で、認知症の症状を緩和し進行スピードを抑制する効果が期待できるようです。

国立長寿医療研究センターの研究チームがおこなった調査によると回想法を実施している高齢者の脳は、思い出話をすることで脳の血流が増加していることが分かったそうです。

さらに回想法をおこなうことで、認知症特有の暴言や俳諧などが軽減することもあると研究によって判明されています。

コミュニケーションが取れる
回想法では、聞き手に対して思い出話をしてコミュニケーションを取ります。

これまできちんと話を聞いてもらえなかった人でも、思い出を通してコミュニケーションを取ることで人間関係が改善され不安が収まるとされています。
認知症患者の話に寄り添い、耳を傾けることが重要なポイントです。

回想法のやり方

回想法は、個人でおこなう方法と6~8人のグループでおこなう方法があります。

個人かグループかは、本人の性格や状況を見極めておこないましょう。

また、本人がある程度の話せて聞けるのかが重要です。
本人の状況に合わせて回想法をおこなうようにしましょう。

準備するものは、本人が以前使っていた品物や古い写真、映像などです。

質問する内容は、本人のプライバシーを考慮した内容にするよう心がけましょう。
本人が嫌がる話題や内容は、避けることが重要です。
決して無理強いをせず、楽しめる状況を重視しましょう。
また、回想法で得た情報は本人のプライバシーなので、絶対に他言しないように注意が必要です。

グループ回想法の場合、参加者全員に徹底しなくてはなりません。
噂話になり本人が嫌な気持ちなると、今後回想法をおこなうことが難しくなる可能性もあります。

まとめ

認知症の治療には、さまざまな方法があります。
しかし、本人が楽しく手軽におこなえる回想法は特におすすめの療法です。

家庭で定期的に回想法をおこなうことで、家族間のコミュニケーションも取れ、楽しい時間を過ごせるでしょう。
家族と一緒に会話することで、孤独や寂しさから解放され精神的な安定も得られます。
認知症の治療を自宅でもおこないたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

◆TintRoomでは
イベント
ワークショップ
講習会等々を企画運営。
展示会ブースデザイン・企画・施工・運営。
イベント音響から簡易照明まで。

パフォーマー
クリエイター
モデル
コンパニオン
等のキャスティングさせていただきます♪ご依頼お待ちしております!

TintRoomではクリエイターを募集してします!
モデル
パフォーマー
デザイナー
ミュージシャン
ブロガー
占い師
などなど

ご依頼は下記「お問合せはこちら」より簡単、スピーディー♪
24時間以内にご返信させていただきます。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

エンタメカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ