Tint Room クリエイター募集中/クリエイター一覧はコチラ

ラジオパーソナリティのなり方…業界に入る方法

ラジオパーソナリティのなり方…業界に入る方法

ラジオパーソナリティのなり方…業界に入る方法

自分の番組を持ちたい人や、芸能界に入るためのステップとしてラジオパーソナリティになりたいという人はいるでしょう。

もちろん漠然と考えていてはその夢は実現しませんが、手順を踏めばラジオパーソナリティになることも可能です。

ラジオパーソナリティになるには、どうしたらいいのでしょうか?

【ラジオパーソナリティになるための必要な資格や技能】

ラジオパーソナリティになるために必須とされる資格はありません。
資格がないと仕事ができないというわけではなく、無資格未経験でも勤まります。
話をするのが仕事となるので、滑舌は良い方がいいでしょう。
滑舌がわるく、何を話しているのかわからないと、リスナーはあなたの番組に興味を失うかもしれません。

番組を持つようになれば、ゲストを呼ぶと対話が必要であり、リスナーからの手紙を読むこともあります。
番組を進めれば自分の考えを話すことも必要とされるでしょう。

対話できる能力は必要であり、リスナーが聞いて面白いというような笑いを引き出す能力も求められます。

この辺の能力は普段の人柄もでるので、つまらない人やセンスのない人はラジオパーソナリティは長続きしないかもしれません。

<ラジオパーソナリティの技術を学べる学校>

ラジオパーソナリティになるためには、要請学校に進むことは必須ではありませんが、学校に行けば必要な技術を教えてもらえます。
ナレーターや声優を養成するような間接的に役立つ技術を学べる学校から、ラジオパーソナリティ養成学校まであります。

このような要請学校は、発声の基礎を身につけることから、ラジオトークのような実践的な技術も教えてくれます。
ラジオパーソナリティーコースのようなコースのある要請学校に行くのが良いでしょう。

ラジオパーソナリティを目指すならば、技術や知識は習得しておかないとなりません。
何もわからずにパーソナリティになりたいと思っても、夢で終わってしまうでしょう。

要請学校に行かないならば、書籍を買って基礎は学んでおくべきです。
実践的に学びたいなら、要請学校に行った方が良いです。

【ラジオパーソナリティになる方法は?】

<オーディションを受ける>

ラジオパーソナリティのコネがない人は、オーディションを受けて自分の番組を持つことが多いです。
パーソナリティを募集しているところを探して、応募してオーディションを受けます。

オーディションでは、初めて受ける人から何度も受けている経験豊富な人まで様々です。
受けるオーディションによってどんな人が集まるかはわかりませんが、何も勉強せずに受けるのは無謀かもしれません。

<ラジオ局に就職する>

ラジオ番組を作っている会社なので、採用されれば番組を持てるかもしれません。
またテレビ番組の司会を任せてもらえることもあり、実力が認められれば芸能界とのコネができて、仕事の幅が広がります。

ラジオ番組がどんな形で製作されているのかもわかるので、得られることは多いでしょう。
ただしラジオ局での募集は制作部や営業部など、制作に関わる人を募集もあるので、パーソナリティを募集しているところを探します。

<芸能事務所に入る>

ラジオ番組のパーソナリティを輩出しているような事務所ならば、タレント事務所に所属後にラジオ番組を持てる場合もあります。
芸能関係の事務所は、モデル事務所、芸能事務所、ナレーター事務所、声優事務所などあります。

この中では、ナレーター事務所や声優事務所に所属すれば、ラジオ番組を持ちやすいです。

声優はラジオ番組を持つことも多いので、狭き門ですが、声優を目指すのもラジオパーソナリティになる1つの方法です。

【キー局とコミュニティラジオのパーソナリティを目指すには?】

<キー局のパーソナリティ>

放送されているラジオ番組を見るとわかりますが、キー局つまりは大手ラジオ局のパーソナリティは、ミュージシャンやアイドルなどの方がやっている番組がほとんどです。

本業でパーソナリティをしている人は少ないです。

フリーでラジオパーソナリティとして活躍して、キー局から仕事を依頼されるには、実績がないとほぼ難しいでしょう。

キー局を目指すならば、芸能事務所に入ることが必要とされます。

事務所に所属すれば、何らかの仕事がもらえるので、ラジオ番組のパーソナリティの仕事もあるかもしれません。

<コミュニティラジオのパーソナリティ>

コミュニティFMのラジオパーソナリティになるには、募集があれば逃さず応募していきます。

新規開局のラジオ局ほど、応募すれば採用されやすく、未経験でも採用してくれます。
ラジオパーソナリティになるには、コミュニティラジオのパーソナリティは入門といえます。

その後に要請学校に行き、キー局のパーソナリティになる人もいます。

<未経験と経験者募集>

パーソナリティには、未経験と経験者募集のどちらかがあります。

未経験者が経験者募集の局に応募したいならば、ラジオ番組を購入して自ら番組を作っておきましょう。

ラジオ局では、番組を購入してラジオを放送できます。

1ヶ月30分1回のラジオ番組で費用は3万円程度であり、番組制作費は5万円程度です。
8万円ぐらい払えば、自分の番組を作れます。

1クール放送するとなれば、3ヶ月3回なので24万円がかかります。

ラジオ番組を購入して自分の番組を持てば、履歴書にパーソナリティとして経験があると書けるので、経験者募集のラジオ局に応募できるようになります。

自分でwebラジオを作る方法もありますが、相当有名なwebラジオでないと、履歴書に書いても未経験と同じように見られてしまうでしょう。

【まとめ】

ラジオパーソナリティになるには、まずは技術を学んで身につけてください。
要請学校に行く方法や、書籍で学ぶ方法があります。

その後、オーディションやパーソナリティ募集に応募するなどして、ラジオパーソナリティを目指していきます。

◆TintRoomでは
イベント
ワークショップ
講習会等々を企画運営。
展示会ブースデザイン・企画・施工・運営。
イベント音響から簡易照明まで。

パフォーマー
クリエイター
モデル
コンパニオン
等のキャスティングさせていただきます♪ご依頼お待ちしております!

◆TintRoomではクリエイターを募集してします!
モデル
パフォーマー
デザイナー
ミュージシャン
ブロガー
占い師
などなど

ご依頼は下記「お問合せはこちら」より簡単、スピーディー♪
24時間以内にご返信させていただきます。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

業界カテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ