Tint Room クリエイター募集中/クリエイター一覧はコチラ

イベントコンパニオンの仕事とは? 自分から仕事を探せるのか

イベントコンパニオンの仕事とは? 自分から仕事を探せるのか

イベントコンパニオンの仕事とは? 自分から仕事を探せるのか

大きな展示会やイベントに参加すると、ひときわ輝くイベントコンパニオンの存在があります。

新商品をアピールしたりイベント会場でサンプルを配ったりと来場者に接する仕事です。
人と接することが多く社交的なイメージで普通の仕事とは少し違うこともあります。

一見華やかなイメージがありますが、実際のところはどういった仕事内容なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

また、イベントコンパニオンになりたいと思ってもどうやって仕事を探せばいいのか…。
そこで今回は、イベントコンパニオンの仕事内容や仕事の探し方など詳しく説明します。

◆イベントコンパニオンとはどんな仕事なのか?

イベントコンパニオンの主な仕事は、展示会などのイベントや新作発表会などで商品をアピールする事です。
イベントコンパニオンと一言に言っても、業種は幅広くレースクイーンもイベントコンパニオンの仕事の一種です。

また、特殊な技能が必要なMCコンパニオンや商品の説明をするナレーターコンパニオンなどもあります。

どのイベントコンパニオンも、容姿やスタイルの基準があり服装も違います。
コスチュームなどが決まっているイベントでは、同じサイズのコスチュームが用意されることが多いため体格審査があることもあります。

時には、体のボディラインが出るコスチュームやハイヒールといったなれない格好をしたり、マニアチックな写真小僧に耐えなくてはいけない場合もありメンタル面も強くなければいけません。
さらに、活躍できる年代も限られていて主に20代~30代半ばですので、将来的にずっと続けていける仕事とは言えないのが不安なところでしょう。

MCコンパニオンなどで経験を積んで、司会業へ転向する人もいます。

◆イベントコンパニオンが手配されるまで

イベントコンパニオンは、派遣会社やモデル事務所に所属している事が多いです。
所属すればすぐに仕事が始められるのかと言えばそうでもなく、マナーや受け答えの研修を受けます。

大きなイベントであれば、事前に書類選考やオーディションがある場合もあります。
合格すれば、そのイベントの詳しい仕事内容が伝えられます。

その後、イベント開催日当日までに自分がする仕事の把握をしたり、リハーサルがあったりすることも。

仕事がない休日には、エステや美容院に行って内面や外見を磨いている人が多いようです。

イベントの規模にもよりますが、多くは立ち仕事が多いので体調管理も仕事の一つと言えます。

イベント主催側は、イベントコンパニオンの派遣会社などと必要な人数や労働時間の打ち合わせをして話しを進めていきます。
早朝・深夜に及ぶと別途ホテル代などの費用が掛かることもあります。

◆イベントコンパニオンの仕事はないって本当?

近年の不況のあおりを受けて、コンパニオンの人数は減少傾向にありますがイベントの数は増えていると言われています。

一方でイベントの中でも、キャンペーンスタッフの存在も大きくなってきています。
キャンペーンスタッフは、しっかり商品説明ができ給料も比較的安いので需要が変わってきているようです。
このようなことから、イベントの数は減っていないのにイベントコンパニオンの活躍の場はかなり少なくなってきているのは事実です。
仕事が常に選べるくらいあるわけではないため、不安定です。
そうすると収入も不安定になり、収入の面で苦労する人もいます。

しかし、イベントコンパニオンとしてのスキルを高めれば募集の際に提示されている時給よりも高く支払ってくれる場合もあります。
たくさんのブースがある中で、一定以上の成果を出せば、逆のイベント時には逆スカウトがきたり、印象が良く目立てばモデルとしてのスカウトも期待できます。

イベントコンパニオンとして、スキルを磨くのも大切ですが運が良ければそれ以上の人脈が広がる可能性がある仕事でもあります。

仕事がないとあきらめず、可能性を広げていくことで次につながる仕事が舞い込んでくるかもしれませんよ。

◆イベントコンパニオンの仕事の取り方

イベントコンパニオンとして派遣会社やモデル事務所に所属してからの仕事の取り方の説明をします。
まず大きなイベントでは、広告代理店やスポンサーの書類選考があり、書類選考が通ると実際に顔を合わせての面接オーディションの厳しい選考で合格しなければなりません。
働いたイベントが大成功すれば、フィードバックミーティングで、自分の名前がスタッフの間で広がるかもしれません。
そうすれば、次回からはオファーが届くこともあります。

◆まとめ

イベントコンパニオンは華やかな仕事にみえますが、実は一日中立ち仕事だったり将来的には続けていくことが難しかったり不安な要素もある仕事です。
しかし、ビジネスマナーが身に付いたり、人脈が広がったりとメリットもたくさんあります。
自分の可能性を試してみるのはいかがでしょうか。

イベントコンパニオンならTintRoomにお任せ下さい!!

◆TintRoomでは
イベント
ワークショップ
講習会等々を企画運営。
展示会ブースデザイン・企画・施工・運営。
イベント音響から簡易照明まで。

パフォーマー
クリエイター
モデル
コンパニオン
等のキャスティングさせていただきます♪ご依頼お待ちしております!

◆TintRoomではクリエイターを募集してします!
モデル
パフォーマー
デザイナー
ミュージシャン
ブロガー
占い師
などなど

ご依頼は下記「お問合せはこちら」より簡単、スピーディー♪
24時間以内にご返信させていただきます。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

業界カテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ