Tint Room クリエイター募集中/クリエイター一覧はコチラ

YouTuberは儲かっているのか? これまでとこれから

YouTuberは儲かっているのか? これまでとこれから

YouTuberは儲かっているのか? これまでとこれから

YouTuberとして活動をしていた人が、テレビでも雑誌でも活躍するようになる…。
そんな光景をよく目にするようになりましたね。
小学生のなりたい職業の中に「YouTuber」というワードも入ってくるほど、私たちの中に浸透してきているYouTuberですが、果たしてYouTuberは儲かるのでしょうか?
どのくらい儲かるのか、またYouTuberは今後どのようになっていくのかについて、調べてみました。
これからYouTuberを目指される方は、必見ですよ!

article-65

■YouTuberって何?

YouTuber(ユーチューバー)は、動画共有サイト「YouTube」で自主制作動画を公開し、その動画についた広告から収入を得ている人のことです。
組織的に取り組んでいるチャンネルもありますが、個人で活動されている方も目立ちますね。

■YouTuberの収入はどのくらいになるの?

YouTuberがどのくらい儲かっているのか、気になる方は多くいらっしゃるかと思います。
再生回数が物凄く多い動画の場合、1回再生するごとに流れる広告収入は、0.1~0.2円。

再生回数が少ないと、広告収入は0.01円程度となりますので、再生回数によって収入にはかなり差が出てくることがわかるかと思います。

例えば、小中学生に絶大な人気を誇るYoutuberのヒカキン(HIKAKIN)の動画は、1か月の儲けは、昨年の時点で1300万円前後と、物凄い利益を出しているんです!

ただし、グーグルは視聴回数が累計で1万回未満のチャンネルや、チャンネル登録者が1000人に満たないチャンネルだと、広告をセットできません。

アドセンスなどでは、例えアクセス数が皆無な状態でも広告を張れますが、YouTubeではそうなりません。
ハードルは高いと見て良いでしょう。

YouTubeにしろサイトにしろ、訪問する人は多ければ多いほど収益率は高まります。
広告単価やクリック率など細かな差はありますが、そもそものアクセスが必要です。

また、専門性の高いサイトの方が、訪問者のニーズと広告のコンテンツがマッチするので、広告単価が高くなる傾向があります。
このタイプのサイト・チャンネルは、例え訪問者が少なくとも、それなりに収益が上がります。

■参考)ブログで稼ぐにはどうすればいい?

一般的なブログの場合、100PVあたり1円程度の収益があがりますが、YouTubeだと1再生あたり0.1円程度だと言われています。
ただし、動画の視聴者層・コンテンツ内容、時期、見られている国の物価指数に大きく依存するので、一概には言えません。

一ヶ月にブログに10万PVあれば、2万円から5万円の収益が上がると言われています。
どのくらいの労力が必要なのかは定式化できませんが、一ヶ月あたり1万PV以上あるのは、サイト・ブログの内1%未満であり、さらには80%以上のブログは一ヶ月に50PVもありません。

アドセンスの収益を受け取るためには、8000円以上の収益を上げる必要があります。大抵の人はここにも到達せず、サイト・ブログを閉じていきます。

article-65-2

再生回数が物凄く多い動画と再生回数が少ない動画では、広告収入が変わってきますので
一概には言えませんが、海外のトップYoutuberが2018年にいくら稼いだか一緒にチェックしてみましょう!

Ryan Toys :約23億6千500万円
7歳のライアン君、両親と双子の兄弟と一緒におもちゃの動画をYouTuberにアップしているのですが、7歳にして23億6千500万。
1年で一生働いても普通じゃ稼げないくらい稼いでいるのもショックですし、それが7歳というのはかなりのショックではないですか?!

Jake Paul:約22億円
22歳のジェイク、16歳でVineのサイトでデビューして以来順調で、22歳の若さで2018年の所得は22億円を稼ぎ出していますよ!

Dude Perfect :約21億5千万円
こちらのグループは、2009年から活動しているグループで、現在70億回の動画再生数を誇っています。

DanTDM :約20億円
ゲームの動画人気はすごいですよね。
ダンさんも、イギリスをベースに活動するゲーマーのYouTuberで、現在27歳。
ゲームを中継するだけで20億って、ものすごいですね。

Jeffree Star 約19億円
ジェフリー・スターは一昔前にはやっていたMySpace(マイスペース)のころから始まり、現在ではYouTubeでメイク動画を配信し、大人気となっています。
実は自分のメイクブランドまで立ち上げ、アーティストKeshaのミュージックビデオに出演などなど、多方面で活躍されています。
120億回の動画再生で、ガッチリ稼がれていますね。

Markiplier 約18億8千万円
動画内で叫んだり大騒ぎをしながらゲームをしているところを動画配信し大人気なのが、Markiplierさん。
2012年からYouTuberになり、2018年の時点で約18億8千万円というのはすごいですね!

VanossGaming 約18億3千万円
VanossGamingのEvan Fongさんも、弱冠26歳にしてゲーム動画の配信で2400万人のチャンネル登録を誇っており、それなりの収入を得ているのですね!

Jacksepticeye  約17億2千万円
これまた、ゲームの動画配信をしているYoutuberさんで、107億回の動画再生数を出している方です!

PewDiePie  約16億6千万円
約1億人のチャンネル登録者を誇っているYouTuberさんフェーリックス・アルヴィッド・ウルフ・シェルベリ(Felix Arvid Ulf Kjellberg)さんは、スウェーデン出身のイケメンYouTuberさんです。
女性は顔でチャンネル登録しちゃうのかも?!

Logan Paul 約15億6千万円 
23 歳のローガンは、あまり有名ではないのに2600万人のチャンネル登録者数があり、3つのチャンネルを持っているYouTuberさんで、Jake Paulさんの兄弟なんです!
兄弟で稼ぎまくり…!

トップYouTuberに共通しているのは、視聴回数がものすごくあり、チャンネル登録者数の数もなかなか達成が難しそうな数ですよね。

■気になる「YouTuberの懐事情」

これだけ聞くと、YouTuberがとても潤っているかのように錯覚してしまいますが、90%以上のYouTubeアカウントは収益化できていません。

なおかつ、例えば世界で一番稼いでいるミュージシャンとなると、2019年のテイラー・スウィフトさんは190億円ほどを稼いだと言われていますから、差は歴然です。

しかし、日本国内だけで見ても、トップのYouTuberはチャンネルから7億円から5億円の収益を上げていると言われています。

YouTubeだけで生活していこうと思えば、最低でも一日に2万から3万再生は必要だと言われています。
登録者の全てが新規投稿された動画を見るわけでもなく、なおかつチャンネル登録をしないで動画を見る人も多いので、一体何人の人がチャンネル登録をしていれば、YouTube一本で生活できるのか分かりませんが、およそ5万人は必要で、2万人のアクティブユーザーが必要だと言われています。

また、2020年の規約変更により、子供向けチャンネルは広告がつかなくなりました。先程あげたライアン君のチャンネルなどは、企業とスポンサー契約を個別に結んでいるのであまり問題にはなりませんが、これまでブルーオーシャンと言われていた子供向けのおもちゃチャンネルが、軒並み収益が激減しています。

YouTuberは、世間で思われているほど懐事情はよくありません。ただ、トップにまで上り詰めれば、年間あたり1億円を超えられる世界ではあります。

■YouTuberとして成功するための壁とは?

YouTuberとして成功し、儲けを出すためにはいくつかの壁をクリアする必要があります。
まず、YouTuberの収入源を知っておきましょう。

YouTuberの収入源は広告収入のほか、スーパーチャット、YouTubeチャンネルメンバーシップ、企業案件、グッズ販売などです。

広告収入はみなさんもご存じの通り、企業がYouTubeに自社の製品の広告をお金を払って載せてもらい、YouTuberの投稿している動画に設定し、視聴者が広告・動画を見ることで広告収入が発生するというものですね。

YouTubeにあまり詳しくない方は、「スーパーチャット」についてご存じないかもしれません。
スーパーチャットは、 チャンネル登録者などが、YouTuberのライブ配信の時などに直接にお金を寄付できるシステムです。

また、「YouTubeチャンネルメンバーシップ」については、月額490円で好きなYouTuberを応援できるというもので、ファンがついているYouTuberにとってはうれしいシステムですね。
その他、チャンネル登録者数が10万人越えしたYoutuberさんには、企業からタイアップのオファーが!

企業とタイアップした動画を作成すると、広告収入、宣伝費をもらえたりしますよ。

YouTubeでの稼ぎ方はいろいろありますが、広告収入と企業とのタイアップが大きな収入に結び付いています。

それでは、これから始めてYouTuberデビューをお考えの方は、どんなハードルから飛び越えていくことになるのでしょうか?

まずは累計視聴回数が1万回超え、チャンネル登録者が1000人超えを目指しましょう。

さらに、YouTuberとして収入を出すには動画再生時間も重要な項目なので、適当な動画を作って再生回数を増やそうとしても、最後まで見てくれる視聴者が少なければ儲けはあまり出ないということなのですね。

登録者を増やすためにはクオリティの高い、そしてたくさんの人が興味を持ってくれる動画を提供しなくてはならず、プロとしてのシナリオ作成のテクニックや、撮影技術も問われてきます。

単に季節性のある動画を作れば売れる、というわけでもありませんし、ゲームの実況中継をしていれば売れるというわけでもありません。

単にゲームの実況中継をしているような動画も、実はYouTuberが試行錯誤し、工夫して作っている動画なのです。

YouTuberは再生回数だけではなく、チャンネル登録者数と動画再生時間を常に意識しなければなりません。

このようにYouTubeで収益をだすのはいろいろなハードルがあり、簡単そうに見えてなかなか難しいのです。

■YouTuberのこれまでと今後の可能性は?

現在、小学生でもYouTuberになりたいと考える子供たちがいて、さらに保護者に協力してもらって小学生に人気のYouTuberになるという夢さえ叶えられる時代になりました。

要するに、YouTuberは競争相手の年齢層も幅広く、YouTuberの人口も増えてくると、安定した収益を出すまでがとても大変になってくるということが予想できるかと思います。

YouTuberとして儲けを出すためのチャンネル登録者数を増やすためには、ほかのSMSも連動して上手に使いこなし、発信し続けなくてはなりません。

YouTuber人口が増えると、再生回数が多くても単価が安くなる可能性も視野に入れておく必要もありますよね。

まとめ

YouTuberとして今後デビューしようという方は、「これだけは誰にも負けない」という専門知識をつけておくと、その専門性の高さでチャンネル登録者を獲得できるようになるでしょう!

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

業界カテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ