Tint Room クリエイター募集中/クリエイター一覧はコチラ

被写体モデルとして活動する方法

被写体モデルとして活動する方法

被写体モデルとして活動する方法

最近、TwitterやInstagramなどのSNSで女性を中心に人気を集めている「被写体モデル」。
しかし、一般的なモデルよりも知名度が低いため、実際にどのような活動をしているのか疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
ここでは、被写体モデルの活動する方法について解説していきます。
被写体モデルになる方法や報酬などもご紹介。被写体モデルに興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

article93

被写体モデルについて

まず被写体モデルについて、どのような仕事をするのかご紹介していきます。

被写体モデルとは

被写体モデルは、一般的なモデルとは少し異なります。

一般的なモデルの場合、モデル本人や特定の商品、ヘアメイクなどを宣伝するのが大きな目的です。

一方で被写体モデルは、カメラマンの写真作品の一部になるため、カメラマンからの要望に合わせてモデルを務めます。

被写体モデルの主役は、あくまでカメラマンという点が一般的なモデルとは異なるところです。

また、カメラマンは企業から依頼をされているわけではないため、アマチュアカメラマンのケースが多いでしょう。

被写体モデルの仕事内容

被写体モデルの仕事は、カメラマンの作品に登場することです。

そのため、シチュエーションやテーマなどはカメラマンによってさまざま。
場所や服装を指定されて撮影に臨むケースも多いでしょう。

被写体モデルにとって一番大切なのは、カメラマンの要望にいかに応えられるか。
カメラマンにとって、どのような写真作品に仕上がるのかが重要です。
メイクや商品を紹介するモデルではない点をしっかり理解しましょう。

被写体モデルの報酬

被写体モデルが受け取れる報酬額は、モデルとカメラマンが合意することで決まります。

モデルとカメラマンのどちらかが金額を提示し、その報酬額に合意した場合決定です。

そのため、契約ごとに報酬が異なるケースが多いでしょう。
一回の撮影で得られる報酬額の相場は、数千円から1万円です。

拘束時間は、撮影によっても異なりますが数時間程度で済むため、時給換算すると安すぎることはないでしょう。

また、報酬ゼロの撮影も存在します。

報酬がないのにモデルを務めるケースの多くは、被写体モデルが写真のデータを欲しい場合です。

被写体モデルを対象にしているカメラマンの多くがアマチュアとは言え、撮影技術は素人よりもあります。

そのため、きれいに撮ってもらいたい人が報酬ゼロで被写体モデルを務めることが多いようです。

被写体モデルの活動方法

被写体モデルとして活動する方法2つをご紹介していきます。

被写体募集に応募する

TwitterやInstagramなどのSNSで被写体募集のハッシュタグを使い、被写体モデルを募集しているカメラマンを探し応募する方法です。

さまざまな方法の中で一番手軽に探すことができるため、これから被写体モデルになりたい人におすすめ。

応募する際には、カメラマンの過去の作品や投稿を見て、過激な写真やトラブルになりうる写真がないかチェックすることが大切です。

カメラマンを募集する

自分から撮影をしてくれるカメラマンを募集する方法です。

この場合、カメラマン募集や被写体になりますなどのハッシュタグでSNSを検索するとよいでしょう。

しかし、こちらから被写体モデルを提案しているため、自分の情報を最初に相手へ提供しなくてはなりません。

過去モデルを務めた写真を掲載し、どのような雰囲気のモデルなのか伝える必要があります。

そのため、自分のことをなるべくネット上で公開したくない人には、おすすめできない方法です。

被写体モデルをする際に注意すべきこと

被写体モデルを受ける際には、最低限注意すべきことを知っておくことが重要です。
トラブルを避けるためにも、以下のことには気をつけましょう。

• 初めて会うカメラマンと個室で2人にならない
• 住所やプライベートなことは不必要に相手に伝えない
• 報酬額はきちんと取り決める
• 写真の取り扱いについて事前に決める
• 未成年者は、保護者同伴で撮影する
• 遅刻やドタキャンは避ける

特にカメラマンが男性でモデルが女性の場合、性犯罪などに巻き込まれる可能性もあるため、個室で2人きりになるのは避けましょう。

さらに、撮影で必要のない個人情報を相手に伝えるのも避けた方が安心です。

SNSでいくら事前にやり取りをしていても、初対面の人であることを忘れず、油断しないようにしましょう。

報酬額のトラブルは、意外と多くこちらも注意が必要です。

事前に報酬額や撮影内容、商用利用の可否などを取り決めると、撮影後にトラブルになることを避けられるでしょう。

まとめ

被写体モデルになりたい人は、まずTwitterやInstagramなどのSNSをチェックするとよいでしょう。

同じように被写体モデルをしている人やカメラマンと知り合えるチャンスです。

また、被写体モデルとして撮影してもらった画像をSNSにアップすることで、さらなる依頼が舞い込んでくることも。

被写体モデルとして知名度がアップすれば、インスタグラマーや人気モデルになれる可能性もあるかもしれません。

被写体モデルとして活動するのであれば、SNSを最大限活用してみましょう。

モデル依頼ならTintRoomがお勧めです^^

モデルのお仕事の登録も、もちろんTintRoomがお勧めです!!

パフォーマー・モデル・デザイナー等へのご依頼はTintRoomへ

TintRoomに登録するには

アピールページの作成はとっても簡単!
1.Webで必要な項目に入力するだけで簡単作成

2.SNSを通じてTintRoomスタッフに必要なプロフィール情報を送るだけで簡単作成
Facebook:@Sweetint_tintroom

Twitter :@Tintroom_Sweetint

SNSからご登録いただく場合はDMよりその旨をお伝えください。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せください!

◆TintRoomでは
イベント
ワークショップ
講習会等々を企画運営。
展示会ブースデザイン・企画・施工・運営。

パフォーマー
クリエイター
モデル
コンパニオン
等のキャスティングさせていただきます♪ご依頼お待ちしております!

◆TintRoomではクリエイターを募集してします!
モデル募集
パフォーマー募集
デザイナー募集
ミュージシャン募集
ブロガー募集
占い師募集
などなど

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ファッションカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ