Tint Room クリエイター募集中/クリエイター一覧はコチラ

コンサバファッションとは?今と昔とでは違う?

コンサバファッションとは?今と昔とでは違う?

コンサバファッションとは?今と昔とでは違う?

コンサバファッションは、コンサバコーデとも呼ばれており、大人っぽい綺麗なファッションのことを言います。

コンサバは、コンサバティブの略語であり、保守的という意味です。

雑誌などではコンサバファッションという言葉は聞きますが、どのようなファッションかよくわからない人もいるでしょう。

この記事では、コンサバファッションについて解説します。

【コンサバファッションとは?】

コンサバファッションは、バブルの頃から使われてきた言葉です。

カジュアルファションの対義語として用いられます。

バブル崩壊後には一度廃れたファッションですが、現在は少し違った意味で使われています。

<コンサバファッションの特徴>

バブル期に、流行の流れにとらわれずおしゃれを楽しみたいという人たちの間で使われ始めた言葉です。

その代表的なファッションというと、清楚感のあるスタイルです。

綺麗にまとめて、誰からも受け入れられるようなファッションであり、何色も使う全体のコーデやダメージデニムなどは使いません。

保守的という意味のコンサバティブですが、地味なファッションということではありません。

ファッションアイテムの1つ1つのバランスを考え、フォーマルに近いながらも、全体でまとまったスタイルであり、どの年齢にも似合うスタイルです。

<基本的なコーディネートとアレンジ>

基本的なコーディネートは、白シャツにジャケット、そしてパンツやスカートの組み合わせであり、清楚な雰囲気のあるスタイルです。

シンプルにまとめるので、おしゃれが苦手な人ほど、入りやすいファッションスタイルと言えます。

コンサバファッションで気をつける部分というと、サイズです。

Tシャツのようにゆったりと着るのではなく、ダボダボでもなくピチピチでもない、自分の体にあったサイズで着こなします。

スタイルに自信のないような方でも、シンプルに着るだけなので、自分のシルエットを気にせずに着こなせます。

コンサバファッションでは、メイクも重要です。

例えば、ギャルっぽい派手なアイメイクは目立ちすぎであり、上品なナチュラルテイストのアイメイクが似合います。

リップであれば、マッドタイプで大人の色気や艶を演出すると、コンサバファッションに合います。

チークはピンクで目立たせるよりも、ナチュラルメイクにします。

ファンデは、舞妓さんのように真っ白にしすぎないようにして、ナチュラルな感じで、少し黄色っぽい肌色の方が似合います。

アフターの時などに無難なファッションです。

アレンジする場合は、少し着崩して見ると良いかもしれません。

ジャケットにあわせてカーゴパンツにしたり、靴をワークブーツにするなど、ワンポイント変えてみて少しカジュアルにできます。

一部分をカジュアルにするなら、コンサバファッションにあうように良質なアイテムでないと、その部分だけ浮いてしまいます。

<コンサバファッションの意味は昔と今では違う>

保守的という意味のコンサバファッションですが、時代によってその意味が違います。

バブル期に誕生したコンサバファッションは、当時体のラインを強調した服装を意味しました。

タイトスカート、肩パット入りのスーツなどと派手に見えるファッションを指します。

それから次第にお嬢様系に変わり、そして巻き髪やピンヒールなどと女性らしさを強調した服装がコンサバファッションと呼ぶようになります。

最近ではカジュアルテイストを取り入れ、定番の中に個性を入れるのがトレンドです。

【コンサバファッションの魅力】

バブルの頃のコンサバも今のコンサバも、落ち着いて上品というテイストは基本です。

かわいらしい感じから、大人っぽいものまで、幅広い着こなしができます。

<どんなシーンにも似合う>

コンサバファッションは、フォーマルとカジュアルの中間ぐらいのスタイルであり、女性らしさを演出できます。

目立つほど派手でなく、逆に落ち着きすぎた硬い感じでもなく、コーディネートの幅が広いので、誰にでも取り入れやすいです。

自分のファッションスタイルが決まらないなら、コンサバファッションにすると無難です。

自分のスタイルにコンサバを取り入れるなら、上品で女性らしいアイテムを1つ加えます。

シンプルな服装の中に、女性らしいアイテムを1つ取り入れれば、より女性らしい魅力を引き出します。

落ち着いた印象を与える服装なので、普段の自分のスタイルを大きく変えることなく取り入れられます。

<流行に左右されない>

流行を追いかけずシンプルな服装でまとめるスタイルなので、その時期の流行を過敏に追いかける必要がありません。

そのために、流行に乗り遅れるようなこともなく、コンサバファッションは長く着こなせます。

同時に年齢にも左右されず、どんな年齢の方が取り入れても、似合わないということもありません。

若い人でも年を取った人でも、コンサバファッションなら似合うようにコーディネートできます。

着る人を選ばない、基本的なファッションスタイルと言えるでしょう。

【まとめ】

コンサバファッションは、上品でシンプルなスタイルの服装であり、年齢を問わず似合います。

最近であれば、ワンポイントカジュアルにするような服装も登場しています。

流行に左右されずどんなシーンにも似合うスタイルのファッションなので、コンサバファッションは長く着こなせます。

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

ファッションカテゴリの最新記事

TintRoomへ依頼や問合せ